たとえばなし

偶像を愛してたい

もう目線で追わなくても大丈夫

書きかけの記事ばかりが溜まるこの現象に名前をつけよう!タイムカプセルみたいに記事を上げる日が来ると思いますが、こいつ筆が遅いんだなと思ってください。

 

先週末!国技館に行ってきました。2回目の国技館推しさんのお仕事の中で、三本の指には入るくらい思い入れのあるコンテンツのイベントでした。同じくらい地雷コンテンツでもあるんだけど。

正味な話、推しさんよりこのタイトルで推しさんのやってるキャラの子が好きなので、当日まではキャラオタよろしくヘラヘラしながら準備してました。うちわとかお洋服とか!そういう時間がすごくすき!

推しさんへのすきっていう気持ちって、この間も書いたけどすごく屈折しててカオスの塊だから、キャラっていう媒体に少しでも熱量を分けられると注力すべき点がズレてちょっとだけ楽な気がする。まあ実際のところは前回のこのタイトルのイベントで推しさんは非難轟々にぶっ叩かれていたので胃痛とお友達だったんですけども。

 

イベントとしてはまずセトリ!最高だったありがとう〜〜ゲーム楽曲とかで薄々察してはいたけど、本当に最近の公式さんはオタクの喜ぶ選曲わかってるよ〜〜すき!

イベント発表時はトーク・ライブっていう告知だったからライブはおまけ程度かな〜なんて思ってたんですけど、蓋を開けたらガッツリライブだったから感謝すぎた……二次元アイドルを全うしてくれる演者さんを見るのが好き。

 

推しさんはと言えば、昼の部は他のメンバーと比べると冷静で、一歩引いて舞台にいる感じがした。それもそれでらしいなと思ってたんだけど、夜の部はテンションがノッてきたのかな?ちゃんと音の中にいる感じがしました。

何より一曲目、オーバーチュアに打ってつけの曲の中でメンバー4人で向かい合ってユニット名を一音ずつ重ねていくパートがあるんだけど、そこで順番に全員の顔を見ててね?えーー??すきじゃんってなりました。久しぶりこの感情……あともう本当にイベント行くたびに言ってるけど、ほんっっっと歌がお上手になられましたね……

ソロ曲は歌うと思ってなかったし、しかも1stシーズンの方とか意味がわからなすぎた。正直1stシーズンのソロ曲はキーに無理があったし、音源も荒削りなところがあったから、歌い始めるまでめちゃくちゃ胃が痛かった。なんでお前が胃を痛めるんだよ、って感じなんですけど。

でもいざ歌い始めたらそんな心配は見事に吹き飛んで、思わず「どなたですか……?」って震え声が出てた。えーーー……?円盤買います。

ユニット曲でも歌い出しから少しキーが上ずってたのを自分のパートで引き戻したり、他のメンバーが全身で歌ってるとこも力まずに力強い音を出していたり。推しの欲目ももちろんあると思うけど!

このタイトルでの初ライブのときも上手くなったなあと思ったのに、そこをまたはるかに越えてくるから、相も変わらず驚かされてばかりだなあ。他メンバーの歌唱力がバケモノレベルだったりするからあまり目立たないけど、急な加速度だよこんなの。

 

で。自分でここまで書きながらお前その熱量どっから来たの?みたいなテンションの文章になっててびっくりしてるんですけど、イベント中はすごく冷静というか、その場にいないで映像を見てるような感覚でした。

なんかこれはドルオタ時代からの癖?なんだけど、なんとなく俯瞰して見ちゃうんだよね。特にライブイベントだと。

推しさんが歌ってる時はさすがに推しさんのこと見てるけど、それでも頭の中で色んなこと考えながら見てる。えむますとかだとひたすら地蔵キメてるから脳内停止状態なんだけど、この差はなんなんだろう……慣れかな……

側からみたらぼーっとしてるように見えるっぽくて申し訳ないなと思ってはいます。つまんないわけじゃないよ!ただたぶんこう、疲れるんだと思う……自分の中の熱量を放出するのって疲れる。キンプラ見たあとって充足感もあるけど疲労感が先に来ません?あんな感じ!

でも自分で一番びっくりしたのは、キャスト全員が登壇してステージ上でわちゃわちゃしてるときに無意識で推しさんのこと見てなかったこと!ガワに興味持って!?って自分で引いた。わろた。

今回のイベントは、推してはないけどいつもすき〜〜♡かわいい〜〜♡リアコ〜〜♡とかふざけて言ってるキャストさんが推しさんとは別に一人いまして、あの、わりとそっち見てた。だって視界を遮るものがなかったんだもん!近くの他担より遠くの自担とはドルオタ時代によく言ったものですが、遠くの推しより近くのリアコ……?あれれ…?

リアコさん……あ、便宜上リアコさんて呼ぶけど本当にガチ恋してるわけじゃないですよ、念のため。リアコさんのパフォーマンスも、前回のイベントとかその前に他タイトルのライブとかで見てたときよりはるかにレベルアップしてて、すっごい頑張ってるんだなあってなんだか嬉しくなりました。トーク中とかももうなんかずっとかわいくて可愛い可愛いって連呼してた。かわいい!

 

それでも、ステージを見てて、ずっと見てたいって思うのはやっぱり推しさんでした。

ずっと見てたいってお前目離してるやんけ!って感じなんですけど、そうじゃなくてこう、"ステージで(を)、ずっと見てたい"っていうのが正しいかな。

この人のステージパフォーマンスというか、技術披露が好きで、それをこれからも……?(これから先もずっと、っていうとなんか違う。まだそこまでの熱量は戻ってない)うーーん、たぶん、出来るだけ長く見てたいなって思った。

なんか、少し安心もしました。すぐぐらつくし、諦めようとするし、手放そうとするし、イベント中ですら目移りしたりするけど、最後吸い寄せられるのはやっぱり推しさんの仕事なんだなあって。

逆に言えば、必死に目線で追いかけなくても引力は生きてるんだって思った。それに、少し安心した。

 

でも一番泣いたのは、キャラたちの3Dモデルを見た瞬間でした。

まじであの日会場にいたオタクの中で私と同じくらい崩れ落ちた人がいたら握手したい。仲良くして。

企画発表時から推してきたジャンルのアニメ化世界が煌めいて見える……すごい…

あの子達が動いて歌って踊るの控えめに言って無理……10月からの秋アニメですよろしくお願いします。