たとえばなし

偶像と結果論

推しさんの最高のお芝居を浴びた話

あけましておめでとうございます!(遅)

今年ものんびり筆の向いたときに書いていこうと思います。

 

さて、2月になり推しさんもJ関連も現場始めはすでに済ませていたのですが、今年も某音楽朗読劇に推しさんが出演されるということで二日間国際フォーラムに行って参りました。

去年の感想記事はこちら↓

初めて泣いた話とファンでいる理由の話 - たとえばなし

今回の題材は呪われた海賊船ということで、かの有名なエドワード・ティーチらが出てくるのですが、例に漏れず物凄い演出の連続でした。国際フォーラムにいるはずなのにカリブの海賊の匂いがした。水も被った。次の会場は帝国劇場か日生劇場でもおかしくない演出でした。

毎回観劇後はしばらく興奮が冷めないのですが、今回は推しさんの声のトーンが個人的に好きな高さだったこともあり、もう…本当に……最高だったな!!!!

初日は「めちゃくちゃよかった」以外の言葉が出てきませんでした。オタクはすぐに語彙を失う。いやほんとに…最高だったんですよ……。第一声を発した瞬間から「好き!!!!!!」になったし、脳直で「かっっっっっっっっこいい好き!!!!!!!」ってなるお芝居でした。うう、うまく言語化出来ないのが歯がゆい……。

特に印象的だったのが、仲間に誤解され一方的に殴られたあと誤解を解くシーンで出てくる「殴る前に話を聞いてよ、痛い……。」という台詞。この「痛い……。」の響きがとても切なくて、やるせなくて、痛々しくて。今も耳の奥に張り付いてしまったのかと思うほど印象に残っています。

全体のシナリオで言えば海賊たちがお宝を奪って逃げるシーンはテーマ曲も「ルパン三世」を彷彿させるような華やかさで格好良かったし、海賊然と大砲をブッ放すシーンは推しさんも心なしか楽しそうでニコニコしました。あと個人的にこの朗読劇シリーズの見せ場だと思っている詠唱が今回推しさんだったのもかなり高まりましたね!!推しさんの重厚感のある硬質なお声の詠唱!!!最高だった!!!!!

朗読劇自体もまるっと一年ぶりだったし、錚々たる演者陣と荘厳なオーケストラ、そして極上の物語の一部になっている推しさんのお芝居を見られて本当によかったです。また出てほしいな……。

やっぱり感情が緩んだ瞬間の解け方を切り取るのが本当にお上手だなあと思う。そしてそんなお芝居が私は好きです。

演技でぶん殴ってくれる推しさんのお芝居がすき!!!!!!!

 

本当に興奮し過ぎてしまって、数億年ぶりにファンレターをプレゼントボックスに叩きつけてきました。ひっっっっっっっさしぶりに書いたから文章力が壊滅的で凹んだ。文章は定期的に書くに限りますね。

ナレーションをしているえぬえっちけーの番組からお花が来ていたのも驚きました。めっちゃ写真撮った。

先週まで4月のイベでまじの隠居かな〜とか思ってたんですけど、すき!!!!!!と思う推しさんのお芝居を頭から爪の先まで浴びてしまったので、今年もゆるくファンとして生きていこうと思います。

 

ただし、どう考えても今年は楽曲おまとめ記事が間に合いません。困った。

↓何かございましたら。

https://odaibako.net/u/xyxn_27

 

2019年を雑に振り返る

年 末 !

気付けば今年もあっという間に年の瀬ですね。本当に今年は一瞬だったのでは?と思うほどあっという間だったんですけど、ある程度色々あった気もするのでとりあえず総括くらいしとくか〜〜!と出てきました。

毎年年末年始は宗教上の都合で己と向き合うことに精神力を使いすぎてメンタルがちょっとアレなんですけど、まあそこそこ元気です。ハッピーオタクライフを満喫したい。

 

まずは推しさん関連から。

一言で言うと、今年は「推しさん(概念)といい距離感でいられた一年」でした。

例年に比べると、推しさんに関することで浮き沈みをすることはほとんどなかったなあと思います。まあ露出も少なかったしな。お仕事量調整してるんだろうな〜〜って感じです。自分起因の理由としては、やっぱり無理にコンテンツを追おうしなくなったのは大きいなあと思います。お陰様で積んでるアニメが膨大な量になってるのでこの年末年始に少しでも消化したいなあ……。

ナレ仕事がどーんと増えた年でもありましたね。取りこぼしていてまだ見れていないもの、行けていないものもちょこちょこあるのですが、ご本人としてはそういうお仕事も増やしていきたいのかなあとか。帽子の先輩にもいつだったか、やりたいことはやりたいって言った方がいいよって言われてたしな。まあゆくゆくは露出をゼロにしたいんだろな。すまんな。

当方痴呆の激しいオタクなのでイベンターノートで参加したイベントの記録を取っているのですが、久し振りに年間参加イベント数が増えました。今後は減る一方だと思ってたんですけどね。朗読劇の4公演が大きかったな。逆に、絶対に行きたい!と思う現場で現地に入れなかったのも初めてでした。悲しいね。一切積まなかったとかでもないから余計にね。でもまあそういうこともね、あるよね。公式にしかお金を積まないと決めているのでそういうこともあります。ね。

個人的に、今年は昨年のアディショナルタイムみたいなものだと思っていました。無事に英雄伝説の映画シリーズもひと段落したし、tkprライブで4人揃った姿を見ることが出来たしと、やっとあの空白の三ヶ月を私の中でも消化できたな、と思います。

気づけば推しさんを好きになって5年という月日が経っていて、好きになった頃に思い描いていた勝手な理想は全部叶ってしまいました。

主演、新人賞、先輩との共演とか、映画の吹き替え、音声ガイドにプラネタリウム。そして何より「5年後も声優として活躍していてほしい」ということ。全部当たり前のことなんかじゃなく、推しさんが声優というお仕事を選び続けて真摯に向き合ってきてくれた結果です。

ここ1年くらいで推しさんは新人若手声優枠から抜けつつあるのか、インタビューで昔のことを話すようになりました。それを読むたびに「あー私が好きになった頃、必死だった頃って推しさんにとっては、物凄くしんどくて不本意な時間だったんだな」って何度も思うんですけど、それでもこのお仕事を続けてくれたことがすごいな、と思います。

推しさんの名前が並ぶエンドロールを見る度に、「本当にすごい人を好きになったんだなあ」って思う。後悔もないなって思う。それが全てだなあと感じています。

 

それからJ関連。

これが一番今年の誤算というか、予想外の出来事なんですけど、去年の時点ではまさかこんなにがっつりと出戻ると思っていませんでした。

しかも担当に必死になるとかでもなく推しを増やすという……。でも頑張っている男の子は美しいので……。

担当くんに関しては、色んなことを改めて再確認できた年でした。アイドルとして、役者として、彼が表現することを諦めなかったからこそ、見れるものがあるんだなあと最近強く思います。

イベント参加券が付いているでもないのに個人別売上ェ!!!!と個人MV付CDをアホみたいに買ったのもいい思い出です。でも、そのMVがきっかけで出会えた方もいるので私の判断は間違ってなかったな!最近お友達たちが担当くんの顔面を褒めてくれるのでとってもご機嫌です!!みんな担当くんのことすきになってほしい。私の世界でいちばんきれいな人です。でも来年はコンサートの1人参加をやめたいので休日公演にしてほしいです。さみしい。だれかいっしょにとつかくんをみにいこう。

こんなにがっつり出戻るきっかけになったのは間違いなく5月にいったバラの子たちのコンサートなんですけど、7月に出会ってしまった関西の7人組の存在も大きいです。みんな幸せになってくれ……。

そして何より、人並み程度には濃い時間を過ごしたオタクである自負はあるので、オタクとしての自我を持って社長とお別れという言い方は正しくない気がするけど、あの日を迎えることが出来たのはよかったかな、と感じています。遠い他人事になりきってしまわずに、色んな人の言葉を受けとることが出来てよかったと思います。

 

 

こうして振り返ってみると、今年はメンタルがかなり落ち着いていたなあと改めて思いますね。すきが増えるのはいいことだ〜〜!

あとマジで絶対に転職がでかい。すごい。環境ってマジで大事。基本的に労働は好きなので仕事ヤダーッ!!!とはならないんですけど、前職の時は無意識のうちに精神を蝕まれていたんだなァ。

なんだかんだ今年もオタクに全力投球だったなあ。本命ジャンルにもいちばんの夢を叶えてもらったし、ここ数年の中ではかなりいい年だったと思います。大殺界抜けたかな!?

その他オタクごと以外だと、プデュを見た影響で韓国コスメというか韓国系スキンケアに手を出し始めたのが個人的には大ニュースですね。使うの怖いとか言ってたのにな。歳だな。

来年はとうとうメットライフドームと初対決なので、それに勝つのを目標にします!!

 

来年も楽しくオタクできますよーーーに!!!

↓何かございましたらお題箱まで

https://odaibako.net/u/xyxn_27

推しと定めた声優さんが推しさんでよかったし、推しさんしかいないなって思うから、そう思える間は推しさんを推しさんと呼んでいたいな

5年前に私が勝手に思い描いた未来を全部叶えてしまった推しさんのことを、もう少し眺めさせてほしい

今声優っていうお仕事を続けていられること、選び続けてくれていることは、大袈裟でもなんでもないくらい「当たり前」なんかじゃない

推しさんの名前が並ぶエンドロールを、一つでも多く見ていたいな