たとえばなし

偶像と結果論

ブログを書いていてよかったなあと思った話

風邪の気配がする。咳がとまらん。

急になんの話だって感じなんですけど、タイトルの通りこのブログを書いていてよかったなあと思った出来事があったので、お礼とご紹介をさせていただこうかと思った次第です。

 

このブログを始めたきっかけは、推しさんのことをまとめて書いておく場所が欲しかったからでした。

私はわりと文章化、言語化して初めて自分の感情とか思考を理解するタイプの人間なので、その壁打ち部屋がほしいなあ、みたいな。それゆえ、自分でブログの記事を読み返すことも多いです。

この時こう思ってたなあとか、こんなことを考えていたなあとか、出来るだけその時と同じ温度、同じ色で思い出せるようにブログを書いています。自分の読みやすさを重視しているために改行が多いと、私の中でもっぱらの噂です。

そうしてブログを書いていくうちに、身近なお友達だとか、うっかりどこからか迷い込んできたような人がうっかり推しさんの作品に興味を持ってくれたらいいな、と営業紛いな記事も少しずつ書くようになりました。まあこれも半分以上は自分のメモ代わりなんですけど。

でもまあ、ほとんどが感情整理用です。某ツイッターランドでは愚痴垢なるものが流行っていますが、「私ブログがほぼ愚痴垢みたいなもんだわ」と言ったら友人に「そうだね」と冷静に返されました。是非もなし。

 

そんな好き勝手している弊ブログですが、この度なにやらとっても素敵にご紹介いただいておりました……。恐縮です。

amanatsu0312.hateblo.jp

元担グループを好きでいらっしゃる方に、声豚ブログをご紹介いただくというなかなか数奇な経験。ダ・ヴィンチのインタビュー、私が元担を必死に推していたときに思っていたことそのままズバリ書かれていたのでうっかり泣いてしまいました。(私信)

こちらのブログは私も読ませていただいていて、一番始めに拝見したのはサドライの感想記事でした。その記事の中で言及されている推しさんへのコメントに、「そ れ」とひたすら涙したんですよね。オタクすぐ泣く。

また、「声優さん」としてではなく「そこに立っているキャラクターのパフォーマンス」として印象的だったのはBeitの「TOMORROW DIAMOND*1」ですね。特に梅原裕一郎さんが印象的でした。〜中略〜「声優さんを通しながらも、そこにちゃんと居て、披露している」と思わせてくれる姿はこう、個人的には好感をいだきました。

煌めきの”その先”へ/THE IDOLM@STER SideM 3rd STAGEのLVへ行ってきました - 人生日々ハイテンション

そうなんです、曲中は推しさんは推しさんであって推しさんでない……語彙のない私では表現できなかったことが綺麗に書き出されていて、心のファボを100回押しました。 

あとたぶん何より、私の目に映るものはどうしたって推しの贔屓目をプラスしたものだけれど、そうではない人の目にも近しいものが映っていることを知って、安心もしたし、単純にうれしかったです。

そして今回ご紹介いただいた記事の中でも、推しさんに興味を持つ機会が増えたとお話されていて、いやもうなんか本当にありがとうございますよろしくお願いします(??)。

基本的に推しのいいところは世界中に発信したいという気概でオタクをやってきていた人間なので、すぐに推しを押し売りしてしまうし「よろしくお願いします」と口走ってしまうのですが、こうして推しさんのことを気になるようになったと言ってもらえるとめちゃくちゃハッピーです。

推しさんのことをエンタメコンテンツだと認識していることまで掬いあげられていることに気恥ずかしさはありますが、そこまで読み取っていただいていたこともありがたく思います。

 

 

正味な話はてなブログ初心者マークなので、ブロガーさん同士の交流とか一切したこともなく、ひたすら壁打ちサイレントスターテロをしている引きこもりゆえ、このように記事の上でお礼とご紹介をさせていただきました。

ありがとうございました!