たとえばなし

偶像を愛してたい

推しとオタクの箱庭の話

現場を選びますと言って早2週間。タイミングの神様に愛されているのか、三ヶ月現場をサボっていたとは思えないスピードでチケットを増やし、気づけば5週連続現場という事態に陥っています。なんでだよ。来週で一回おちつくぞ!

やっぱり休みの日に現場があり、且つチケットが余ってる・公式から購入出来るっていう状態だとダメね……はーーこういうとこがオタク。

あとなんか仕事終わりに推しさんの歌ってる音源聴いて癒されるな……って思うと、自分オタクだなって思う。めんどくせえオタクだな。(定期)

 

それはさておき、たくまてらしまさんご結婚おめでとうございます。

清々しいほどの祝福ムードですが、その裏で壮絶な感情整理に追われている人たちがいるであろうことを忘れてはならないな、と板の上の方々の結婚報告を耳にするたびに思います。この世はいつでも表裏一体なのだ。違うか。

こんな時は、推しさんが結婚報告したら自分はどうなるかなあ、なんて考えるのが外野の通過儀礼だと思いはするのですが、そんな事を考える隙もなく売り方と事務所的に全然ないなって思ってしまって……ごめん……。

それでももし、万が一いま結婚しましたって言われたら〜〜……うーーーん売り方下手くそだなって100%言う。100%言うね。そういう意味で追うのやめたりはあるかもしれない。って今もそんな追ってねーだろ!\そーだそーだ!/

基本的に私は推しが結婚した、もしくは彼女がいたからもう降りる!みたいなのわかんないなーっていうタイプのドライなオタクなんですけど。でもまあなんていうか、色々あるよね。って今回思いました。

なんていうのかな、板の上の人間ってみんな偶像じゃないですか。

アイドルっていう職業じゃないとしても、私達オタクが受け取るのは「俳優」だったり「声優」だったり、そういう肩書きの額縁に切り取られた一個人の一面でしかなくて、それは間違いなく偶像で。その事実を客観的に理解できるタイプもいればできないタイプもいると思うんだけど、どちらにも言えることは見ている対象は「偶像である推し」だってことじゃない?

でも、結婚って凄まじいほどの現実(リアル)だよね。

ずっと偶像だけを享受してきたのに、いきなり差し出されたそんなリアルを、持て余してしまうのはある程度仕方ないのかなって。 

推しって、オタクにとって神様だと思うの。自分の世界の大気を動かしてくれる神様。そんな神様が本当は自分と同じただの人間であることを思い知らされるのは、きっと、凄く辛い。その辛いっていう気持ちだって、勝手に偶像を創り上げて崇拝した人間の愚行が生んだものでしかないんだけど。

それでも私はいつだって思うよ。推し〜〜偶像でいてくれ〜〜って。

彼女がいようが遊んでようがそんなことはどうだっていいけど、仕事に対して真摯で、ステージで凛としてる、そんな偶像の推しでいてって思う。

だって私の"推し"は「偶像の推しさん」だから。 素の顔なんて興味ない、偶像として提供されたものだけを見ていたい。きれいなとこだけ見て夢見てたい。別にそれが作り物だっていいんですよ。推定東京都在住26歳男性のうめはらゆういちろうさんっていう人の人生を覗き込む趣味ないよ〜〜声優のうめはらさんが好きなだけだもん!

今まで結婚・カノバレで界隈が荒れる原因の本質が分からなかったからぼんやり見てるだけだったけど、なんとなく今回こんなことを考えて腑に落ちた。

別に許せない!騙されてた!とかじゃなくて、急に降って湧いた(ように感じてしまう)偶像の解れに対する拒絶反応もあるんだろうなあ、なんて。あとはまあキャラと中の人の同一視問題にも一石を投じてしまっているよね今回はね……推しっていう神様が作ってくれた箱庭で暮らしてるオタクにとって、神様が人間になっちゃったら世界崩壊の始まりだもんな。

じゃあタレント側はいつまでも偶像でいなきゃいけないのか、プライベートはないのかって言われたらそういうことではないんだけど。オタク、そういう折り合いつけるの基本苦手だから。世界もうちょっと優しく見守ってほしい。

 

あと全然偶像うんぬんと関係ないけど、今回のたくまてらしまさんの結婚報告ブログで素敵だな〜と思ったのは「これからも作品のパーツとしてのお仕事をしていきます」っていう言葉。 

これ、すごく声優って仕事を的確に表現してると思う(何様)

声優さんって"演者"と呼ばれる職業の中でも限りなく裏方に近い仕事じゃないですか。最近では表舞台に立つことも増えたけど、「作品」の中では人物を演じる"役者"でもあり、声をあてるという意味で"音響"でもあり、作品の色を添える"美術"にだってなる。 

そんなことに気付かされた一言でした。

 

いつものことだけど話題がとっちらかってるな。

何はともあれご本人様と、流星群のみなさまのご多幸をお祈りしております。