たとえばなし

きらきらのひとかけら

簡単なことさ 「ABC」からやり直そう

さて。
一個前の記事にもあるように去る2017年6月17日、THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜 石川公演に行ってきました。

今回もセカライに続きおともだちが一緒に行こうと誘ってくれたけれど、正直なところ本当に行くかどうするかギリギリまで悩んでました。

もうオタクをやめるかやめないか、数ヶ月ずっとぼんやりしていた私が多少の無理をしてでも石川に行ったことにはきっと意味があったと思うので、そんなこんなの覚書です。

 

 

オタクとしての心がバキバキに折れた、3月の某イベント。

推しさんのこのイベントでの振る舞いがどうしても受け入れられなくて、本当にもう、ただひたすら辛かった。
丁度その頃はSNSで否定的な意見を見る機会も多くて、12月のイベントでの振る舞いももやもやするところがあって、その後にでた某CDでもキャラの声に違和感があったりして、私自身が疲弊してたのも事実で。

でもあの日、本当に全部わからなくなって、それまでのことも、それからのことも全部迷子になったんだよね。

そこからしばらくは本当に声優界隈から距離を置いていて、音源も聞いていなかったし、春アニメも見れるときに見たいものだけをぼんやり見ている状態で。行こうと思っていた4月のイベントは白紙に戻したし、主演だしさすがに行こうと思っていた5月のマジきゅんLIVEも蹴った。

そんな私に「石川は行こうよ、Beitだよ」って誘い続けてくれたおともだちはたぶん菩薩なんだと思う。別のおともだちも降りる降りないも石川行ってから決めるのでも遅くないんじゃない、って言ってくれて、あの本当に……幼稚園児か?私が。

そんな友人たちの後押しもあって、石川の参加を本格的に決めて。本当に少しずつiPodに入ってる曲を聴くようになったのがたぶん5月半ば。そして日にちが迫ってきてさすがに行き帰りの足を取らないと、って新幹線とバスの予約をしたのが6月頭。

当日の朝10時。金沢に着いた瞬間の私、ちょっと意味がわからなくて変な笑いが漏れる不審者。 物販を終えてお茶をして(金澤コーヒー最高に美味しかった)、会場に戻った私が発した言葉は「あ、無理 吐きそう」

いやだって伝わってほしいんだけど、三ヶ月ぶりの現場がMマスってヘビーじゃない?

今までどんなに現場の間が空いても一ヶ月とかだったし……例えるならそう、ずっとお粥を週に1、2回しかも2、3口だけ食べるような生活をしてきたところに、いきなりデミグラスソースのハンバーグを差し出されるみたいな所業。せめて和風おろしにして。

 

それだっていうのに、ライブパート開始10分もしないで泣き崩れるの、意味がわからないんだよなあ。

なんかもう、なんだろうね。ステージの上で ♪ Beyond The Dream を歌っているうめはらさんから目を離すことなんて出来なくて、一瞬でも目を離したくなかった。

私が歌って踊るうめはらさんを見て思い出すのは、やっぱり2015年2月7日。防衛部での一番最初のミニライブ。
お世辞にも広いとは言えないステージ。少し俯いて、目線も不安定で、歌いながら踊るのが本当に辛そうで、踊ってる間にどんどんマイクが口元から遠のいていっていた時のことをどうしても思い出してしまう。

だけど今じゃ、あの時のことのほうが嘘みたいで、その現実を目の当たりにする度に、この人はなんて人なんだろうって飽きずに思う。ああなるまでに、どれだけの葛藤があったんだろう。今の時代のある意味歪んでしまった"声優"っていう仕事を全うしてくれることが、申し訳なくてありがたい。

アイマスの名を冠した舞台の上で、前を見据えて誰よりも真っ直ぐに力強い声で歌う姿は、本当に格好良かった

しかもライブというかイベントの進行役をやるとは思ってなかったから、いつものMCより少し高めの声で、キャストを、会場を引っ張っていこうとするみたいな話し方で話すうめはらさんを見たらもう駄目だった。

間違いなくあの瞬間、私の目の前はきらきら輝いていて、「ああ、これを見るためにここまで来たんだ」ってすとんっと結論が落ちて来たんだよね。

ぎゅぅって心臓が痛くなって、涙がでた。
たぶん私がずっと見たかったうめはらさんが、そこにいたから。  
 

Dreaming night 踊りましょう
Baby, baby ここにおいで
最高の瞬間へとエスコート
準備は All right?

ースマイル・エンゲージ/Beit


石川でね、ここを聞いた時になんだかすごくしっくり来た。

うめはらさんを好きになって、応援するようになってからずっと感じてたことがあって。

それはオタクに出来ることなんて何1つなくて、この人は自分一人の力でどんどん前に進んでいくんだなっていうこと。

いちばん強くそれを感じたのは、声優アワードの新人賞を取ったときだったかなあ。

今までの私はオタクとしてのスタンスは"押し上げる"っていうことに重きを置いていたから、置いてけぼりというか、なんだろう、すごく身勝手で傲慢なことを言うけど、彼がやってきたことに対して自分が出来ることは何もないし、何もしてきてないなって漠然と思ったんだよね。

それはよく考えれば当たり前のことではあるんだけど、なんていうのかなあ……。アイドルとかってやっぱり"ファンと一緒に歩いてきた"みたいな様式美があるから、それが必要ない人なんだなあって。

だからなんかここの歌詞を聞いたときに、私が"ここ"に連れてきてもらったのかもしれないって思ったんだよね。別に今までの推しに対して自分がどこかに連れていったって思ったことはないけど、連れて行くんだって思っていたことはあったから。

でも、うめはらさんはいつだって想像の先を行く人だから、今までも色んな景色を見せてもらって、あの日のあの瞬間--"最高の瞬間"に連れてきてもらったのかなって。

なんかそう思ったら、少しだけ楽になった。別に頑張らなくていいのかもしれないとも思った。消費者なんだから、受け身でいいんだって思ったんだよね。


うめはらさんの声とお芝居、お仕事に対して真摯なところがすきで、応援してた。

ここ一年くらいの私は、応援っていう言葉を胸を張って使うことは出来ないけど、今はそれでもいいやって。一瞬でもすきだなって思えたら、それでいいやって思う。

私が彼をすきでいることは、うめはらさんの声優としての人生になんの得にもならないし、何も生み出しはしないけど、きっと邪魔もしない。今は、それでいいや。

いつもすきなものをうまくすきでいられなくて、大事にできなくて、そんな自分に疲れて諦めてしまう。でもグリツアの舞台で歌って踊るうめはらさんを見て、この人を諦めなくてよかったって思えたから、それが全ての答えだよなあ。

ただ、3月のイベントで湧いた感情も本物で、全部が全部ひっくるめてすきとは今はまだ言えないから、イベントも追うお仕事も少し選ぼうかなとは思ってます。

うめはらさんをすきな自分を守ってあげるために必要なことを、丁寧に選んでいきたい。

結局私は綺麗な推しが好きで、誰にも文句を言わせない推しがすきなんだと思う。
圧倒的な力を持ってオタクも、それ以外の第三者も黙らせてくれる推しがいい。

他人にも、自分でも、なんでこの人がすきなの?って思われたくないから。他人にすきな人を安易に揶揄されることが本当に嫌いだから、自分でもそんな風に辟易したくないっていう気持ちが強いのかもしれない。まあそれが神格化や美化に繋がって、それにまた疲れちゃうんだけど。

溢れ出るほどの好き!っていう熱量もない、推せて幸せ!みたいなオタク特有の身勝手な充足感も今はない。お気に入りのぬいぐるみを宝箱から取り出して見せびらかすみたいな、そういうオタクの仕方はもう向いてないのかもしれない。

でもきっと、嫌いになりたいわけじゃない。すきでいたいんだと思うから。すきだなって思える瞬間を大切にして、それを増やしていくことができたら、また何か変わるかもしれない。

そう思えただけでも本当に石川まで行った甲斐があったんじゃないかな、と……思うんですけど……情緒が不安定なオタク故本当に何かをすきでいるのが死ぬほど下手くそで困る。


とりあえず、すきでいられるためにできることを少しずつやっていこう。

カブキブ!の幕間も奇跡的に行けるし、S.Q.P.はコンテンツとして大好きだから楽しみ。星の王子様の朗読劇も、お休みが被れば行きたいな。

声と、お芝居がすき。だから、うめはらさんのことが好きだと思う。

そんなシンプルなことを、今は大切に握りしめておこう。