たとえばなし

偶像を愛してたい

未来の片鱗を見たのかもしれない話

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Brilliant sideに行ってきました。

www.lantis.jp

ありがたいことに、一昨年(…)の12月に舞浜で行われたTHE IDOLM@STER SideM 1st STAGE ~ST@RTING!~のMoon sideに続き、今回も現地で参加させていただきました。本当にありがたいの一言に尽きます。

sideM関連のイベントに参加するのはST@RTING LINE -03 Beit 発売記念特典お渡し会を含め、今回で三回目。毎度毎度私みたいなにわかが……と思うものの、イベント終了後は行けてよかった……!と思ってしまうので315プロダクションはすごい。(小並)

ちなみにファスライの時の記事はこちら。

x1026.hatenablog.com

なんかもう推しさんに関しては一周回って感情が無って感じで、頭も追いついてないし、なんなら記憶がないのでとりあえず覚えていることから殴り書きしていこうと思います。(2017/02/19加筆しました)

 

とりあえず咲ちゃんがめっちゃ咲ちゃんで泣いた。

sideMではにわかなりに鷹城恭二を筆頭にBeitちゃん尊い…と語彙を失っているものの、実は水嶋咲ちゃんと伊勢谷四季くんも推しメンだったりする私。
なので、今回のセカライでBeitとCafe Paradeが同公演に出てくれるのは本当にありがたいがすぎて、315プロダクションに全世界の感謝を捧げていたのですが、初っ端からスマエンをぶち込まれ涙腺も崩壊、そこから立て続けに ♪Café Parade! が始まった時の私の絶望と言う名の多幸感・・・この時間軸に生まれてよかった。頭が追いつかないって五回は言った。

どの曲でも小林さんの腰の入れ方とか顔の角度、ステージ上での立ち居振る舞いが、もう完璧に研究された"かわいい"の究極系で・・・。あそこにいたのは間違いなくアイドル水嶋咲だった。
完全に頭の悪い感想なんだけど、カフェパレ恒常衣装のロングコートが翻ったとき、瞬間的にはわわ見えちゃ・・・、見えない!!って思った時にまじで咲ちゃんだなと思いました。あの時あの瞬間、私にはミニスカートが見えた。(?)

もーー最後の挨拶の「水嶋咲役小林大紀です、って言うのがもうほんっとうに怖くて!みなさんに受け入れてもらえるのか本当に不安で不安で仕方なかったです」っていうのがもう・・・アッ、咲ちゃん・・・†
正直カフェパレは試聴で ♪Café Parade! を聞いたときから泣いていたので、セカライで見たら泣くだろうな~とは思ってたけど、ここまでとは思わなかった。

未発売のソロ曲、♪フェイバリットに踊らせて もまさかここで見られると思ってなかったので本当に嬉しかったなあ・・・はちゃめちゃにかわいかった・・・。

あと!当たり前と言えば当たり前なんだけど、オリピ共通衣装の咲ちゃんの衣装がパンツルックなところにもグッときた。ブルーのジャケットにグレーのベストとリボンタイっていう、少し可愛らしさを残した、でも間違いなく男の子の格好良さも滲む衣装で、咲ちゃんは本当に最高に可愛くて格好良い男の子なんだなって思いました。衣装さんありがとう~~!!!!

それから今回の個人的MVPはDRAMATIC STARS 柏木翼役の八代さん
新衣装での DRAMATIC NONFICTION でなに?もう何が起きたの?えっこんなにかっこよかったっけ?と錯乱したのち、MOON NIGHTのせいで恋に落ちそうになったし、STARLIGHT CELEBRATE! で完全に恋に落ちました。

いやもう……何?私の知っている八代さんと違うんですけど。私の知っている八代拓ってオトチャンで森久保さんに叩かれ、タイガーマスクWで「こんにちタイガー!」とかやってるおちゃめな人なんですけど~~!?っていう錯乱がひどかった、本当に。
だって昨日の八代さんめちゃくちゃ格好良かったんだもん。ヒエッ すき・・・ってなったの自分でもびっくりすぎて何?ちょっとまだよくわかんない。カメラ割り把握してちゃんとカメラアピールするところとか、本邦初公開!って言う感じの色気とかもう……完全にアイドルですありがとうございました。
声帯から出てくるのはマシュマロボイスなのに、本体は完全に蜂蜜でなんかもう無理。

あとなんと言っても最後の挨拶の「315プロを支えていく覚悟は出来ています」の言葉。これがもう決定打でした。自分がドラスタPだったら昨日が命日だったと思う。
ここ一年でドカンとお仕事が増えたけど、彼の中でsideM、ひいてはDRAMATIC STARSは本当に特別で、思い入れのあるものなんだろうなあ。

八代さんに限らず今回のセカライのドラスタのパフォーマンスは、なんというかセンターがセンターたる所以を見せ付けられた感じがした。
♪STARLIGHT CELEBRATE!は本当にsideMの代表曲だなと思うし、ドラスタはあの三人のパフォーマンスがついて初めて完成するんだなあとすら感じました。
三人で星座を描くところ泣いたもん・・・オリオン座・・・。冬の真っ暗な夜空で一際光を放つ三人についていけば、315プロはどこまでも行けるのかな、なんて思わせるステージだった。いやーかっこよかった。

あと個人的に印象に残っているのはもふもふえん 姫野 かのん役の村瀬歩さん

村瀬さんは一度ガッチャマンクラウズ インサイトのイベントで拝見していたのだけど、その時はわりと前に前に!みたいな印象だったのを覚えてる。それに正直あのメンバーの中では経歴もずば抜けているから、ステージを見る前まではめちゃくちゃ目立つんだろうなと思ってました。

でも幕張のステージに立っている村瀬さんは、なんだかさり気なくそこにいると言うか、良い意味で目を引きはするけれど、もふもふえんのメンバーときちんと横並びで存在していたのにびっくりした。
だからご本人が最後の挨拶で315プロのみんなに嫉妬してて・・・とお話されていたのは本当に意外だったけれど、納得も出来て。

「2月10日が何の日か知っていますか?」からの、「知ってた、みんなが知ってること。」ってふわっと笑うのずるい、泣いた。

控えめにステージ上にいるのにどうしても目をひくあの存在感は、かのんちゃんの持つきらきらと同じきらきらだなあと思いました。語彙力。

もふもふえんのパフォーマンスもほんっとうにみんなかわいくて、心がぴょんぴょんする・・・って三回は言った。
セカライが終わってからもふえんの曲の再生数がぐんっと伸びたからたぶん幼児化しました。\めぇめぇ!ぴょんぴょん!がおがお!/
 

THE虎牙道はなんだか戦隊ヒーローショーを見ているかのような感覚でめちゃくちゃ熱かった。
CDを聞いた時はアイドルっていうかキャラソンみが強いな~とあんまりピンと来てなかったんだけど、実際にパフォーマンスを見たらあれっめっちゃかっこいいじゃん!?ってなりました。
あとあんなパパはずるくないですか。あんなパパは自慢できる。パパかっこいい。
 

Wちゃんはファスライ組の中で一番Pf.上げてきたな~~!って感じが強かった。♪VICTORY BELIEVER でのレッドカードも出せて花丸~!って思ったのに今度はしまえない~!の流れがなんだかとても可愛かったです。

あと君たちほんとめっちゃ踊るね?めっちゃ踊るね!?

ファスライの時も思ったけど、ライブでパフォーマンスを見て好きになるユニットNo.1がWだと思う。

歌詞飛んじゃったりしてたけど、それでもステージの上では悔しい顔一つ見せないで最後まで笑顔でいてくれたところ、正真正銘のアイドルだと思います。


S.E.M
はもうこう、完璧に仕上げてきました!っていう印象。
お前らこういうのが好きなんだろ?みたいなオーラがやばい。何をしたらどう盛り上がるのか分かってるんだろうなあ。でもそんな中で伊東さんの最後の挨拶は完全にずるかった。先生だった。
中島ヨシキ氏は天性のパフォーマーだと思うし、Pたちはヨシキが大好き!って感じ。わかる。

 

なんというか今回のセカライの二日目は、ファスライ組が多いこともあってかこなれたステージ感が強かったように感じました。
ファスライの時と比べてパワーアップしたパフォーマンスには素直に驚かされたし、これからも"もっともっと"を行くんだろうなあ、と。

大袈裟に言えば、あのファスライの日に掲げた未来の片鱗を、私は昨日見たのかもしれない。
絶対に"二回目"をやるんだ、このコンテンツを未来まで繋げてくんだっていう気概と熱量を見せ付けられたのがファスライなんだとしたら、その先にあった通過点の一つがセカライだったのかなあって。

コンテンツの大きさと、そのコンテンツを支えてきた先人たち、そしてそのこれからを担っていくキャスト陣。そんな全部をひっくるめてアイドルマスターなんだなあ。

ファスライの時にも思ったけど、そんなコンテンツの一端を担っている人を推させてもらってるってなんだかすごい贅沢だ。

 

とりあえず一日目のライビュすら参加できなかったの本当に辛くて苦しいから(恋かな?)円盤本当によろしくお願いいたします。でもきっとまた上映会をやるんだとしたら、確実に二日目の参加すると思うから頭がわるい。

って最後まで推しのこと何にも書いてないんですけど。