読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえばなし

きらきらのひとかけら

好きになって二度目の誕生日に思うこと。

はきだめ
梅原裕一郎さん、お誕生日おめでとうございます。
気になり始めた頃にはまさかこんなに好きになるとは思ってなかったし、お誕生日をお祝いするのももう二回目になるのかと…正直驚きを隠せない…

新しいキャラクターに出会うたび、それまで見たことのなかった側面を見せてくれるところが本当にだいすきで。

初めてお芝居を聞いたときには伸び代だらけの人だとわくわくさせられたのに、その時思い描いていたものをたった1年で全部叶えて、それでもなお「もっと」を見せてくれるから、最高に格好良い役者さんだと思ってます。

今日からの新しい一年も、身の丈にあったやり方で応援していけますように!

 
 
以下読まなくても大丈夫な備忘録的なサムシング↓
 
私は梅原さんのことを、お世辞抜きにこれからの若手声優界を担っていく声優さんだと思っていて。
そこには確かに推しの欲目とかもあるとは思うけど、なによりいつでも想像以上のものを魅せてくれるからこそ、そう思ってます。
特に去年の9月以降のお芝居やパフォーマンスの伸びは、本当に目を見張るものがあるんです。

一番最初にそれを感じたのは、9月に大阪で行われた美男高校地球防衛部LOVE!TOUR!でのこと。
ライブパートで新曲である「Let's Go!! LOVE Summer♪」を歌っているのを聞いて、あれ、こんなにスコーン!と音程あててくるっけ…?と思ったのが始まりでした。

それが確信に変わったのは12月のIDOLM@STER sideMのFirst LIVE。
10ヶ月前は踊るのに必死になってどんどんマイクが顔から遠ざかっていたのに、そこにいる人はしっかりとマイクをもって歌いながらまるでそのキャラクターのようにパフォーマンスをしていて。
運動もダンスも苦手だと公言する梅原さんが、ここまでのパフォーマンスをするのにどれだけの時間と労力を割いたんだろうと、純粋に尊敬しました。

お芝居で驚かされたのは、10月から12月にかけて放送された「ヤング ブラック・ジャック」の第1話。
梅原さん演じる間黒男ー後のブラック・ジャックが初めての手術を終えて、屋上で助手を務めてくれた遊佐浩二さん演じる藪さんと話しているシーンでした。
このシーンは原作にはないアニメオリジナルのもの。だからこそ声優さんたちがそれまでのシーンを踏まえた上でそのまま出てきたものだと思うんだけど、それまで「完璧」でしかなかった間黒男の「不完全であるが故の人間臭さ」が見事に表現されていて。
ピンと張っていた糸が、不意にふっと緩んだようなそんな演技に、私はしばらく泣くことしかできなかった。

そして同時期から始まった「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のユージン・セブンスタークの演技で、「ああ、この人は本当にすごい声優さんだしこれから先もどんどん進んでいく人なんだ」と思ったんだよね。

この2つの作品で梅原さんが演じているキャラクターはある種対称的で。間黒男がそれまでの演技の集大成なんだとしたら、ユージンはその先の新しい扉を開けたように感じられたんです。

 

そんなことを感じながらいつも思ったのは、「いつの間にこんなところまで来たんだろう」ということでした。

私はコンテンツを享受する側だから、いつだって裏側なんて見えないし、声優という職業上お仕事している姿をファンが見ることなんてないのは当たり前のこと。
それにしたっていつだって想像の先にいて、それが自分が思い描いていたところから何メートルも先だったら、驚かないほうが無理じゃないですか。

事務所のゴリ押しや顔ありきと言われるようなお仕事をしているのも分かってる。それでも、企業が顔やネームバリューに期待した以上のお芝居をしてると思うから。

基本的にインタビューやキャストトークでも、どこを意識した程度の言葉だけで、努力や試行錯誤を表に出すことは少なくて。
それでも死ぬ物狂いで今自分が立たされている舞台にしがみつこうとしているのがなんとなく分かる気がするから、まるで白鳥みたいな人だと、私は思ってます。

 

CDでもアニメでもイベントでも、いつでも想像以上を魅せてくれる"梅原裕一郎"という声優さんが本当にだいすきで、応援させてもらえるのがうれしい。

好きになれてよかった、これからも梅原さんが持つきらきらしたものを増やしていくところをできるだけ長く見ていたいなと思っています。

 
 
なんかすごい真面目っぽいこと言ってるけど要約すると「ワイの推し最高では〜〜〜〜!?」っていうだけです!最高に格好良い役者さんだ〜〜世界ありがとう!世界が輝いて見える!
散々好きな自覚が足りないだの何だの言われたけど自覚した途端これだからな!ドンマイ!