たとえばなし

偶像を愛してたい

はきだめ

過ぎ行く景色を胸に焼き付けたら、きっと昨日の自分に手を振って

今でこそ、若手声優厨と呼ばれる界隈に身を置いている私。ですがぽろぽろと記事の端々にも書き連ねているように、元々は某J事務所のオタクでした。今回はそんな前の推し、基、元担の話を少し。 なんか怒涛のように更新してるけど、たぶん今アウトプット期な…

推し被りとかオタクスタンスとかの話

当方、面倒なオタクです。どうも。 他の記事も見たら分かると思うけど、自他共に認める面倒なオタク。自称他称問わず面倒なオタクです。いやもうほんっとめんどくさいんですよ。 推しの仕事に対する理想も無駄に高い自覚はあるし、推し被り……便宜上この記事…

簡単なことさ 「ABC」からやり直そう

さて。一個前の記事にもあるように去る2017年6月17日、THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜 石川公演に行ってきました。 今回もセカライに続きおともだちが一緒に行こうと誘ってくれたけれど、正直なところ本当に行くかど…

神様がいなくなったら人間は土人形に戻ることもできない話

いきなり何言い出したんだこいつ、って感じなんですけど、一週間ちかく経ってやっと吐き出せそうなので書かせてください。 この間行ったイベントがね、もーーー本っ当に辛くて。初めて本当に行かなきゃよかったと思った。初めてイベント中に悪い意味で泣いた…

セカライに行って後悔した話

去る、2017年2月12日。THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Brilliant sideに行ってきました。 ライビュ参加組や現地参加組と話したり、色んなレポを読んだりして推しさんに関する記憶の蘇生を図ったんだけど、一向に回復の兆しが見られない…

声豚だってキャラクターに恋をする話

最近、よく耳にする言葉がある。 「声優=キャラ」 端的に言えば "キャラクターとそのキャラクターを演じている声優を同一視していること" あるいは、 ”特定の声優が演じているからという理由だけでキャラクターを好きになること” である。(たぶん) この言葉…

オタクをやめられない話

「オタク」っていう生き物はなんでこうも面倒くさいんだろう。 何かを好きでいることくらい何も考えずに気楽にいられればいいのに、勝手な義務感とか、意地とか、見栄とか理想とか。色んなものに雁字搦めになって勝手に疲れては離れてしまう。そんなことを何…

新人賞受賞を受けて思うこと

一夜明けて改めて声優アワードの話。ちなみに昨日発表直後に語彙を失いながら書いたのがこちら。 x1026.hatenablog.com 昨日の夜、梅原さんの受賞に対するコメントを読んだり、色々なことを考えながら反省をしていました。きちんと”声優”としてのお仕事を見…

声優アワードの話

梅原裕一郎さん第10回声優アワード新人男優賞受賞おめでとうございます。 正直受賞を聞くまでは、今年受賞してもなんというか、知名度に対する集客率とか色んなものを考えたときにとても複雑だなあと思ってたんだけど、いざラジオで受賞コメントを聞いて、梅…

好きになって二度目の誕生日に思うこと。

梅原裕一郎さん、お誕生日おめでとうございます。 気になり始めた頃にはまさかこんなに好きになるとは思ってなかったし、お誕生日をお祝いするのももう二回目になるのかと…正直驚きを隠せない… 新しいキャラクターに出会うたび、それまで見たことのなかった…

「イケメンフィルター」が厄介な話

声優さんのお仕事が多様化している今、イケメン声優がイケメンであることは一種の武器であり商売道具だと思う。けれど純粋に声優としてのお仕事を評価される上では、ものすごく邪魔になるものだとも思うんだけど、そこんとこどうなんでしょう。まず第一に、…

"イケメン声優"との出会い

一応先に謝っておくと、私は推しさんのことをいわゆる"イケメン声優"と呼ばれる人だとは認識しているけれど、純粋に一人の声優さんとして、きらきら輝いていってほしいなと思って推してます。ただこう、あの、たまに本当に物理的にかっこよすぎて錯乱するの…

とりあえず

推しのことを書き留めておく場所が欲しくてブログを開設したのはいいものの、書きかけの記事ばかり溜まっていく一方で、このままじゃ半年放置だよと友人に言われ危機感を覚えたのでとりあえず自己紹介的な記事から上げていこうと思いました。 本当は推しとの…