たとえばなし

偶像と結果論

「きみがバラのために費やした時間の分だけ、バラはきみにとって大事なんだ」

王子さまは、自分のばらがありふれたばらの花だと知って悲しんだ。

自分のもっている花はこの宇宙で唯一の、特別な花だと思っていたのに、そんなことはなかったから。ありふれた、どこにでもある花のたった一輪でしかなかったから。

けれど、キツネと絆を作り、"ただのキツネ"が"たった一匹のキツネ"になったことで、自分の星に咲いていた花が、自分にとってたった一本のばらだったことに気がついた。

だって、自分が咲くのを心待ちにしていたのは、水をやったのは、ガラス瓶をかぶせ、衝立をたててやったのは、他でもないあの花だったから。

これ、オタクの推しへの心理と似てない?

 

というわけで、もう結構前になるんですけど朗読劇×オーケストラ 星の王子さまを観劇しました。

le-petit-prince.moa.tottori.jp

今回は再演となるこの公演。初演の評判は聞いていたので再演で推しさんが出ると聞いてびっくりしました。
まあ色々あって行かないつもりだったのですが、公演2週間前になってちゃっかりチケットの手配を進めてしまいました。朗読劇好きなんだもん!

 

本編は「星の王子さま」の意訳劇という感じで、原作よりも分かりやすくスッと物語に入り込むことができました。すごくキャッチーで、いい意味で星の王子さまらしくなかった。

そして何よりこの朗読劇の見どころであろう生オケ
パーカスのお兄さんがめちゃくちゃ上手くてびっくりした!もうずっとそっち見てた!すごいの!太鼓も鍵盤も上手くて!わーー!!ってなった!(語彙)指揮者の方もすごく綺麗な指揮をする方で……歌伴奏のときもきちんと歌い手のことを気にかけていて、なんだかそういう意味でもほっこりしました。いい演奏だった!

途中で挟まれる挿入歌もポップス寄りの曲調で耳馴染みがよかった。あとみんな歌が上手い。王子さま役の蒼井翔太さん、ぼく役の豊永利行さんはもちろんなんだけど、いちばんびっくりしたのはばら役のほりえること堀江瞬さん
どうしても推しさんとの関係上、アイドルマスターSideMのBeit所属アイドル ピエールの印象が強かったんだけど、今回でガラリとイメージが変わりました。凛と気高いばらの女性言葉もすごく様になっていて、ほわあゎぁ……??って変な声出そうになった。

推しさんはかの有名な台詞を残しているきつね役だったわけなんだけども、これまた原作イメージと少し違う解釈の役作りだったなあ、と思っています。
個人的に、原作で出てくるキツネは俯瞰して物事を見ていて、少し小賢しい。王子さまを試すような言動をしていると思っていました。でもうめはらさんのきつねはなんだか、とても大切なことをひとつひとつ丁寧に口にするような、哀愁や憂いを内包した優しさみたいなものを感じた。
まあ私個人の解釈なので、推しさん自身がどう読み取って役作りをしたかなんて1mmも分からないんですけどね!深読み系オタクきもちわるい!

でもなんというか、本当にカンパニーと劇場の雰囲気がすごく良くて、ラストシーンは涙を堪えるのに必死でした……。行ってよかった!

 

さらっと感想を書いたところで冒頭の主張に戻りましょうか。もうほんと世界の名作に向かってこんなこと言ってごめんなさい、絶対いろんなところから怒られてしまう……。でもすごい、なんかすごいしっくりきちゃって我慢できないから書かせて。

 

 

推しって、オタクにとってのたった一人だ。

「ありふれたただの役者やアイドル、声優」が、「自分にとってのたった一人」になるということ。それって一体どういうことだろう。

キツネは、絆を作れば王子さまは自分にとって世界でたった一人の人になると言った。だから自分を飼い慣らしてほしい、と。そして、「飼い慣らしたことしか学べない」とも言った。

つまりそれは、絆を作ったこと……忍耐し、時間をかけ、積み重ねた対象でなければ本当の意味での理解はできないってことだ。。

 

「きみがバラのために費やした時間の分だけ、バラはきみにとって大事なんだ」

星の王子さま」(集英社文庫)  訳:池澤夏樹 著:サン テグジュペリ

 

自分が費やした時間だけが自分に答えてくれるし、出来るだけ近い温度で物事を受け取るためには、そういう時間が何よりも雄弁だ。

セカライに行って後悔した話 - たとえばなし

 

 二つ目の引用は、今年の2月に上げた「セカライに行って後悔した話」という記事の中の一文。もうこれってほぼイコールじゃん!

絆を作ることで、僕らはお互いにとってかけがえのない存在になるんだ、なんてキツネは王子さまに言ったけれど、オタクとタレントが"そう"なることはちょっとばかり難しい。オタクは唯一じゃなくて、特定多数のうちの1だから。

でも、オタクにとっての推しは唯一なんだよね。単推しだろうがDDだろうがその推しは1人しか居ないから、やっぱり唯一なんだと思う。

たまに、「歴=愛の考え方はお断り」という一文を見ることがある。好きになってから日が浅くても、すきっていう気持ちが軽いって言われたくないってことなんだと思う。それはわかる。でもやっぱり、費やした時間がなによりも雄弁だなあって思う。

オタクとタレントの関係性は、きっと時間をかけたことで出来上がるのは絆なんかじゃなくて情とか執着、感情移入と意地、そういうものだ。 だからどんどん冷静な目で対象を認識出来なくなるし、義務感が大きくなりもする。

それでたまに第三者の意見に凹んだり、怒ったり。なんでこの人を応援してるんだろう?って我に返ることなんてしばしばだし、疲弊して手放そうとだってする。もーーこの繰り返しが本当にしんどい。おなじものを好きでい続けるのってむずかしい。

それでも、自分が惹かれて、期待して、色んな景色を見せてくれた相手は間違いなく推しさんだから。それってきっと、王子さまがたった一本のバラを自分の中に見つけたのといっしょだ。時間をかけたぶんだけ、推しさんの変わって行く姿が分かる。だから、投げ出したくなっても、いまの私の中に咲く世界でたった一本のバラは推しさんなんです。

私は王子さまみたいにやさしくないから、ガラス瓶をかぶせたりしないし、衝立だって立てやしないけど。それでも、三本のトゲを信じてるんだと思う。

 

 

そんなこんなで今年は朗読劇が多くてうれしいなあ。

ドルオタ気質なので歌物も好きですが、アイドル声優問題で胃が痛くなるので、フラットに推しさんのお芝居を見ることが出来る朗読劇が一番好きです。

秋アニメもいっぱいご出演されるようなのでいい加減色々消化します。たぶん。

 

もう目線で追わなくても大丈夫

書きかけの記事ばかりが溜まるこの現象に名前をつけよう!タイムカプセルみたいに記事を上げる日が来ると思いますが、こいつ筆が遅いんだなと思ってください。

 

先週末!国技館に行ってきました。2回目の国技館推しさんのお仕事の中で、三本の指には入るくらい思い入れのあるコンテンツのイベントでした。同じくらい地雷コンテンツでもあるんだけど。

正味な話、推しさんよりこのタイトルで推しさんのやってるキャラの子が好きなので、当日まではキャラオタよろしくヘラヘラしながら準備してました。うちわとかお洋服とか!そういう時間がすごくすき!

推しさんへのすきっていう気持ちって、この間も書いたけどすごく屈折しててカオスの塊だから、キャラっていう媒体に少しでも熱量を分けられると注力すべき点がズレてちょっとだけ楽な気がする。まあ実際のところは前回のこのタイトルのイベントで推しさんは非難轟々にぶっ叩かれていたので胃痛とお友達だったんですけども。

 

イベントとしてはまずセトリ!最高だったありがとう〜〜ゲーム楽曲とかで薄々察してはいたけど、本当に最近の公式さんはオタクの喜ぶ選曲わかってるよ〜〜すき!

イベント発表時はトーク・ライブっていう告知だったからライブはおまけ程度かな〜なんて思ってたんですけど、蓋を開けたらガッツリライブだったから感謝すぎた……二次元アイドルを全うしてくれる演者さんを見るのが好き。

 

推しさんはと言えば、昼の部は他のメンバーと比べると冷静で、一歩引いて舞台にいる感じがした。それもそれでらしいなと思ってたんだけど、夜の部はテンションがノッてきたのかな?ちゃんと音の中にいる感じがしました。

何より一曲目、オーバーチュアに打ってつけの曲の中でメンバー4人で向かい合ってユニット名を一音ずつ重ねていくパートがあるんだけど、そこで順番に全員の顔を見ててね?えーー??すきじゃんってなりました。久しぶりこの感情……あともう本当にイベント行くたびに言ってるけど、ほんっっっと歌がお上手になられましたね……

ソロ曲は歌うと思ってなかったし、しかも1stシーズンの方とか意味がわからなすぎた。正直1stシーズンのソロ曲はキーに無理があったし、音源も荒削りなところがあったから、歌い始めるまでめちゃくちゃ胃が痛かった。なんでお前が胃を痛めるんだよ、って感じなんですけど。

でもいざ歌い始めたらそんな心配は見事に吹き飛んで、思わず「どなたですか……?」って震え声が出てた。えーーー……?円盤買います。

ユニット曲でも歌い出しから少しキーが上ずってたのを自分のパートで引き戻したり、他のメンバーが全身で歌ってるとこも力まずに力強い音を出していたり。推しの欲目ももちろんあると思うけど!

このタイトルでの初ライブのときも上手くなったなあと思ったのに、そこをまたはるかに越えてくるから、相も変わらず驚かされてばかりだなあ。他メンバーの歌唱力がバケモノレベルだったりするからあまり目立たないけど、急な加速度だよこんなの。

 

で。自分でここまで書きながらお前その熱量どっから来たの?みたいなテンションの文章になっててびっくりしてるんですけど、イベント中はすごく冷静というか、その場にいないで映像を見てるような感覚でした。

なんかこれはドルオタ時代からの癖?なんだけど、なんとなく俯瞰して見ちゃうんだよね。特にライブイベントだと。

推しさんが歌ってる時はさすがに推しさんのこと見てるけど、それでも頭の中で色んなこと考えながら見てる。えむますとかだとひたすら地蔵キメてるから脳内停止状態なんだけど、この差はなんなんだろう……慣れかな……

側からみたらぼーっとしてるように見えるっぽくて申し訳ないなと思ってはいます。つまんないわけじゃないよ!ただたぶんこう、疲れるんだと思う……自分の中の熱量を放出するのって疲れる。キンプラ見たあとって充足感もあるけど疲労感が先に来ません?あんな感じ!

でも自分で一番びっくりしたのは、キャスト全員が登壇してステージ上でわちゃわちゃしてるときに無意識で推しさんのこと見てなかったこと!ガワに興味持って!?って自分で引いた。わろた。

今回のイベントは、推してはないけどいつもすき〜〜♡かわいい〜〜♡リアコ〜〜♡とかふざけて言ってるキャストさんが推しさんとは別に一人いまして、あの、わりとそっち見てた。だって視界を遮るものがなかったんだもん!近くの他担より遠くの自担とはドルオタ時代によく言ったものですが、遠くの推しより近くのリアコ……?あれれ…?

リアコさん……あ、便宜上リアコさんて呼ぶけど本当にガチ恋してるわけじゃないですよ、念のため。リアコさんのパフォーマンスも、前回のイベントとかその前に他タイトルのライブとかで見てたときよりはるかにレベルアップしてて、すっごい頑張ってるんだなあってなんだか嬉しくなりました。トーク中とかももうなんかずっとかわいくて可愛い可愛いって連呼してた。かわいい!

 

それでも、ステージを見てて、ずっと見てたいって思うのはやっぱり推しさんでした。

ずっと見てたいってお前目離してるやんけ!って感じなんですけど、そうじゃなくてこう、"ステージで(を)、ずっと見てたい"っていうのが正しいかな。

この人のステージパフォーマンスというか、技術披露が好きで、それをこれからも……?(これから先もずっと、っていうとなんか違う。まだそこまでの熱量は戻ってない)うーーん、たぶん、出来るだけ長く見てたいなって思った。

なんか、少し安心もしました。すぐぐらつくし、諦めようとするし、手放そうとするし、イベント中ですら目移りしたりするけど、最後吸い寄せられるのはやっぱり推しさんの仕事なんだなあって。

逆に言えば、必死に目線で追いかけなくても引力は生きてるんだって思った。それに、少し安心した。

 

でも一番泣いたのは、キャラたちの3Dモデルを見た瞬間でした。

まじであの日会場にいたオタクの中で私と同じくらい崩れ落ちた人がいたら握手したい。仲良くして。

企画発表時から推してきたジャンルのアニメ化世界が煌めいて見える……すごい…

あの子達が動いて歌って踊るの控えめに言って無理……10月からの秋アニメですよろしくお願いします。

 

推しとオタクの箱庭の話

現場を選びますと言って早2週間。タイミングの神様に愛されているのか、三ヶ月現場をサボっていたとは思えないスピードでチケットを増やし、気づけば5週連続現場という事態に陥っています。なんでだよ。来週で一回おちつくぞ!

やっぱり休みの日に現場があり、且つチケットが余ってる・公式から購入出来るっていう状態だとダメね……はーーこういうとこがオタク。あとなんか仕事終わりに推しさんの歌ってる音源聴いて癒されるな……って思うと、自分オタクだなって思う。めんどくせえオタクだな。(定期)

 

それはさておき、たくまてらしまさんご結婚おめでとうございます。

清々しいほどの祝福ムードですが、その裏で壮絶な感情整理に追われている人たちがいるであろうことを忘れてはならないな、と板の上の方々の結婚報告を耳にするたびに思います。この世はいつでも表裏一体なのだ。違うか。

こんな時は、推しさんが結婚報告したら自分はどうなるかなあ、なんて考えるのが外野の通過儀礼だと思いはするのですが、そんな事を考える隙もなく売り方と事務所的に全然ないなって思ってしまって……ごめん……。

それでももし、万が一いま結婚しましたって言われたら〜〜……うーーーん売り方下手くそだなって100%言う。100%言うね。そういう意味で追うのやめたりはあるかもしれない。って今もそんな追ってないんですけど。

基本的に私は推しが結婚した、もしくは彼女がいたからもう降りる!みたいなのわかんないなーっていうタイプのドライなオタクなんですけど。でもまあなんていうか、色々あるよね。って今回思いました。

なんていうのかな、板の上の人間ってみんな偶像じゃないですか。

アイドルっていう職業じゃないとしても、私達オタクが受け取るのは「俳優」だったり「声優」だったり、そういう肩書きの額縁に切り取られた一個人の一面でしかなくて、それは間違いなく偶像で。その事実を客観的に理解できるタイプもいればできないタイプもいると思うんだけど、どちらにも言えることは見ている対象は「偶像である推し」だってことじゃない?

でも、結婚って凄まじいほどの現実(リアル)だよね。

ずっと偶像だけを享受してきたのに、いきなり差し出されたそんなリアルを、持て余してしまうのはある程度仕方ないのかなって。 

推しって、オタクにとって神様だと思うの。自分の世界の大気を動かしてくれる神様。そんな神様が本当は自分と同じただの人間であることを思い知らされるのは、きっと、凄く辛い。その辛いっていう気持ちだって、勝手に偶像を創り上げて崇拝した人間の愚行が生んだものでしかないんだけど。

それでも私はいつだって推し〜〜偶像でいてくれ〜〜と思ってしまう。

彼女がいようが遊んでようがそんなことはどうだっていいけど、仕事に対して真摯で、ステージで凛としてる、そんな偶像の推しでいてって思う。

だって私の"推し"は「偶像の推しさん」だから。 素の顔なんて興味ない、偶像として提供されたものだけを見ていたい。きれいなとこだけ見て夢見てたい。別にそれが作り物だっていいんですよ。推定東京都在住26歳男性のうめはらゆういちろうさんっていう人の人生を覗き込む趣味ないよ〜〜声優のうめはらさんが好きなだけだもん!

今まで結婚・カノバレで界隈が荒れる原因の本質が分からなかったからぼんやり見てるだけだったけど、なんとなく今回こんなことを考えて腑に落ちた。別に許せない!騙されてた!とかじゃなくて、急に降って湧いた(ように感じてしまう)偶像の解れに対する拒絶反応もあるんだろうなあ、なんて。あとはまあキャラと中の人の同一視問題にも一石を投じてしまっているよね今回はね……推しっていう神様が作ってくれた箱庭で暮らしてるオタクにとって、神様が人間になっちゃったら世界崩壊の始まりだもんな。

じゃあタレント側はいつまでも偶像でいなきゃいけないのか、プライベートはないのかって言われたらそういうことではないんだけど。オタク、そういう折り合いつけるの基本苦手だから。世界もうちょっと優しく見守ってほしい。

 

あと全然偶像うんぬんと関係ないけど、今回のたくまてらしまさんの結婚報告ブログで素敵だな〜と思ったのは「これからも作品のパーツとしてのお仕事をしていきます」っていう言葉。 これ、すごく声優って仕事を的確に表現してると思う(何様)

声優さんって"演者"と呼ばれる職業の中でも限りなく裏方に近い仕事じゃないですか。最近では表舞台に立つことも増えたけど、「作品」の中では人物を演じる"役者"でもあり、声をあてるという意味で"音響"でもあり、作品の色を添える"美術"にだってなる。 

そんなことに気付かされた一言でした。

 

いつものことだけど話題がとっちらかってるな。

何はともあれご本人様と、流星群のみなさまのご多幸をお祈りしております。