たとえばなし

偶像と結果論

彼はきっとスポットライトの下で死んでしまう〜舞台「BACKBEAT」に寄せて

その時私の目には、彼の白い肌が、真っ白なスポットライトの光を吸い込んでいるように見えた。

そしてその光が増幅し、まるで彼自身が、光を、放っているようにすら見えた。

 

 


www.backbeat-stage.jp

舞台「BACKBEAT」上演おめでとうございます。

初日に観劇してきたのですが、言語化しづらい感情ばかりが渦巻いて中々消化が出来ずにいます。ただ、この舞台が間違いなく戸塚祥太という人の代表作になるということだけは分かる。

約20曲の生のバンド演奏と、ビートルズ結成からデビューまでの光と闇が交錯するスピーディーな物語。

ジョン・レノン役の加藤和樹さんがご自身のTwitterでもお話されていたけれど、本当に「音楽をやってなかったらできない、でも音楽だけでもできない」そんな舞台だった。

 

 

 

「音楽」と「芝居」。それは私が知る限りで、戸塚祥太という人から切り離せないものだ。

コンサートのソロコーナーではいつもギターを弾き、「上手くないけど好きだからやりたい」と話す。現にギターを弾いている彼は、いつも少年のような顔をしている。

私は、ギターを抱えて青く澄んだ声で歌う彼の姿が、ずっと好きだった。

 

芝居について言えば。

デビューして間もない頃、メンバーそれぞれが歌担当、ダンス担当と自己紹介していく中、彼だけが、「特に何もやっていません!」と話したことがあった。けれど数週間後の違う番組では、「作詞、芝居、何でもやります!」と言っていたのを今でもよく覚えている。

思えばこの頃から銀幕への憧れをよく口にしていたし、今やグループ内で演技班という立ち位置に落ち着いたのは、きっと彼の根気強さとか、そういうもののお陰だろう。

 

だからきっと、この舞台はある一つの集大成みたいなものだ、と思う。

ずっと好きだと公言してきたビートルズを題材にした舞台で座長を務めること。盟友である辰巳雄大さんと共演すること。

加藤和樹さんというジョン・レノンと出会ったこと。最高のビートルズと過ごすこと。スチュアート・サトクリフとして、生きること。

その全てが、彼の人生にとっての財産になればいいと思う。

 

劇中の彼はとても生き生きとしていて、贔屓目はあれど「ハマり役だ」と思わざるを得なかった。

尊敬する友人と共に歩む歓びや、愛する人と人生を分かち合う歓び。音楽が持つ魔力的な快楽と、自らを表現し爆発させるための芸術の快感。恍惚、葛藤、悶絶。

そのどれを取っても、『俳優 戸塚祥太』の頬にひたりと手を添えたようなリアルさがあった。

ただ、その確かな感触は彼一人のものではなく、あの舞台の上に立つ役者全員の輪郭だった。深い闇と、鮮やかに赤い閃光。

私は確かにあの夜、東京芸術劇場に息衝いた五人のビートルズの熱に触れたのだ。

 

 

私は、戸塚くんがスポットライトを浴びながら、まぶしそうに、うれしそうに、いとおしそうに客席を見上げる姿が好きだ。きらきらと繊細に煌めきを反射させる姿が好きだ。

その笑顔が、横顔が、後ろ姿が、この世のものとは思えないくらいに綺麗だから。

BACKBEAT」の第一幕は、戸塚くん演じるスチュアート・サトクリフが絵を描いているシーンで始まる。舞台上には彼一人が立っていて、大きなキャンバスに向かっているシーンだ。台詞らしい台詞はなく、ただ彼の息遣いだけが、劇場にひっそりと響いていた。

その時私の目には、彼の白い肌が、真っ白なスポットライトの光を吸い込んでいるように見えた。そしてその光が増幅し、まるで彼自身が、光を、放っているようにすら見えた。 

 

—彼はきっと、スポットライトの下で死ぬのだ。 

 

そう、唐突に思った。ステージが彼に恋をしなくても、彼はステージに恋い焦がれ、きっとその身を自らの火で焼いてしまう。

彼は以前担当していたダ・ヴィンチの連載の中で、「歌い、踊り、演じることに全てをかける」という言葉を残している。その言葉の意味を、私はこの瞬間に初めて理解したのかもしれない。

命が削れていく瞬間を、まるでコマ送りで見ているようだった。

そう思うほど、あの瞬間の彼は儚くて、美しかった。

 

 

僅かに赤い興奮を孕んだ熱気と、鳴り止まない拍手、スタンディングオベーション

ビー・バップ・ア・ルーラ!

3回目のカーテンコール、楽しげに肩を組んだ加藤さんから促されて彼が叫んだこの言葉を、私はきっと忘れない。たった一言だったけれど、それだけで十分すぎるほどに全てが詰まっていた。

ジョンとスチュが舞台の奥へと消えて客電が上がり、ほんの少し泣いた。

網膜に焼き付いた戸塚くんの笑顔は、とても綺麗だった。

 

声優オタク2人が2時間半でSexy Zoneに頭が狂った話

「友達がセクゾのチケット譲ってくれそうだけど、私の名義だし一緒に行ってみる?」

こんな何気ない一言が、最高の時代の幕開けに繋がるとは思わなかった。
2019年5月6日の横浜アリーナで、私の令和という時代は確実に音を立てて始まったのだ。

というわけで、理由あってSexy ZoneさんのPAGESツアーの横アリ公演にお邪魔してきました、というお話です。

f:id:x1026:20190510031535j:image

まだ年明けのえびさん横アリ公演の記事も書きかけなのにね!でもこの勢いで文章を書けるのは今だけなので残しておきたい。

 

 

第一前提として、私のセクゾちゃん知識はふまけん入所~デビュー一年前後くらいまで。

現役でJオタをしていた頃も私はふまけんの二人が好きで、担当は担当くんだったものの、いわゆる副担ような立ち位置に菊池風磨くんを置いていました。
けれど自分がJ離れをしたこともあり、ここ5年くらいのことはあまり詳しくは知りませんでした。

急に3人体制になってからまた5人体制に戻ったことをよかったね~とぼんやり思っていた程度の一般人以下の知識量。

そんな私のコンサート後のツイートがこちら。

あたまがおかしくなった。

いやっ本当にすごかったです、Sexy Zone

まず全員顔が良い。すごい。顔の良さが天才。全員顔が良い!!
横浜アリーナのステージにSexy Zoneのメンバーが現れた瞬間、私はジャニーさんに感謝することしか出来なかった。こんなにも顔の良い男の子たちが、アイドルという職業を選び続けてくれているのって奇跡ですよ。

そんな5人を見つけてくれたおじいちゃん本当にありがとう……長生きして。

 

まず今回何よりも秀逸だったのは、演出とパフォーマンスのクオリティーの高さでした。

最初から最後まで、至極のエンターテインメントがぎゅっと詰め込まれた宝箱みたいなコンサート。間違いなく"今"のSexy Zoneが出来る最上級を見せつけられた2時間半でした。

アリーナ公演であるというメリットを最大限に生かした、メインステージとセンターステージ。そしてそのセンターステージから田の字に伸びる花道と、ほぼ360度に渡る外周。
メインステージにはアメリカの街角のようなセットと大きなモニターが3台並び、その画面いっぱいに映し出されるメンバーの姿は、頭の先からつま先までの全部が「アイドル」だった。

オープニングから惜しみなく使われる火薬(火薬)とか、くるくる変わる衣装。畳み掛けるように繰り出される、キラキラしたメロディに乗せられた歌声とダンス。
そんなふうに公演中に時計を見る隙なんて与えないくらい、次から次へと与えられるエンターテインメントという名前の宝石たち。

いやもう〜〜本当に頭がおかしくなるかと思った!!

まず派手髪シンメに殺され、天使のような笑顔でTikTokの最上位互換かな!?というような超天才演出で楽しそうに歌うマリウス葉くんマジ天使。
顔面国宝級の佐藤勝利くんが戸塚祥太くんに憧れて始めたと言っても過言ではないギター*1を披露することにエモの渋滞で死に、突然Rejetみたいなことを始める中島健人くん*2に圧倒されたり。

MC中に真っ白なグランドピアノが出て来たかと思えば青髪の王子様がそれを華麗に演奏し始め、ピアノの周りに集まった顔のいい男の子たちが美声でハモり始める。
・・・私はいま花より男子でも見ているのか??なんだスノープリンス合唱団*3か?????

もう全部が全部、「今この瞬間、Sexy Zoneというアイドルから目を逸らすことなんて絶対に許さない」とでも言いたげな圧倒的なパフォーマンスでした。

ジャニーズのコンサートって、個人的に脳みそに直接エンターテインメントを注ぎ込まれているような感覚になると思ってるんですけど、Sexy Zoneの今回のコンサートはそれに加えて、愛されているという感覚が強い印象でした。
最高に顔が良い男の子たちに2時間半めいっぱい愛されるなんてこと、普通に生きていて経験することある??あった。

何言ってるか分からないでしょ?でもこれはガチ。
メンバー全員が、身体中からありったけの輝きと愛を放っているんですよ。

私が知っていたSexy Zoneって、どこかメンバー全員が距離感を測りかねていて。
私の知っていた菊池風磨くんって、出来すぎた相棒の背中を見つめながら目を逸らしていた、思春期の男の子だったんです。

そんな人たちが離れたり近付いたりを繰り返した今、「ここから挽回するんだ未来を」って「振り返ることじゃなくて未来を描き続ける」って歌ってくれる。
あんなにも不器用に自分を持て余していた男の子が、「いつかの夢に見た今になれていますか」「もう少し自分らしく笑ってみようかな」と歌ってくれる。

もうそんなの奇跡以外の何物でもなくない?

あの頃、いつか潰れちゃうかもしれないって思って見てたのも本当。でも今回私が見たのは、メンバーがみんな堂々と胸を張ってステージに立つ姿でした。

そしてこの4人には、もう一人の天性のアイドルがいるという事実。
5人揃ったら本当に時代を創れるかもしれない。絶対にこの子たちはもっともっと高い場所に行ける。

そんなふうに感じさせてくれる、本当に一秒だってステージから目を離したくない、そんなコンサートでした。

 

 

さて、今でこそこんなに色々言っていますが、現地の私は完全に頭がショートしていました。

勝利くんがステージに上がった瞬間「顔ちっちゃーーー!!!」と叫び、マリウスくんが出て来れば「天使!すごい!脚長い!」。青髪のコンサート版健人くんを見て「ヒィwwww二次元wwww」ときゃっきゃ大喜び。

そして極め付け、大きなモニターにバーンと赤髪の風磨くんが映し出された瞬間の私「ぎゃーーーーっ!???!!!?(クソデカ大声)」

あまりレポを漁らずに現地に赴いたので、赤髪青髪のふまけんシンメはあまりに供給過多だった。脳内が都合の良い夢を見せているのかとすら思いました。

そこから私の口は「かわいい」「ひぇ・・・」「頭おかしくなる」「かわいい」「しぬ」「かわいい」以外の言葉を忘れた。本当にしぬかと思った

あんなにかわいかったふうまくんがあんなにかっこつけて堂々としている・・・?
ほんとうにあのふうまくんですか??

語彙が死に、私の脳みそが「かわいい」で埋め尽くされから30分ほど経った頃、唐突に私の脳が最適解を叩き出します。

『世界中のかわいいを集めたらきくちふうまくんになるのでは・・・?』

突然の天啓である。
冷静な自分がさすがにお前気持ち悪くない?というツッコミを入れたものの、5分後にはもう口から出てました。

「世界中のかわいいがいまきくちふうまくんをかたちづくっている!!!かわいい!!!」 

「世界中のかわいいがふうまくんにあつまってる!かわいい!!」

友人「あの人はどちらかといえばかっこいいとかえっちな枠じゃないの・・・?」

「はあ????えっちなましゅまろじゃんかわいい!!!!」

このオタク、控えめに言ってIQが3である。 

だんだん楽しくなってきてしまい、悪癖が出てくる元ジャニオタ。

バラエティコーナーのお手伝いJr.をとっ捕まえて「きみ、わだくんっていうの!かわいいねえ!お顔がかわいい!なるほど!どこの子ですか!」と大騒ぎ。たのしい。*4

そして最後には「あのふうまくんが堂々と相方の隣に立っている・・・むり・・・すき・・・。あ〜〜〜〜〜〜かわいい!!!!

ん〜〜〜、あたまとけた。 

入所から見ていた子たちが今ではキラキラ輝いていて、時間の流れと成長を色濃く感じてしまった。
あの頃見たかった姿を見せてもらいました。それって本当にすごい。

全部間違いなんかじゃなかったねって笑い合えるようなシンメ2人を見て、傍観者ながらとっっっっっても嬉しかったです。

 

ここまで書いて自分のテンションにドン引きしているのですが。実はこの日、もう一人様子のおかしい人がいたのです。私の隣に。

そもそも私が今回セクゾコンに行くことになったのは、Jr.担の友人に誘われたからでした。
二つ返事でFC入会を果たした時から、もしかしたら今回の事件はすでに始まっていたのかもしれません。

無事にチケットの当選と支払いを済ませたある日、Jr.担の友人から一件のメッセージが届きました。

「担当、今年セクゾつかないかもww」

Jr.担あるあるである。担当のスケの読み間違えほど辛いものはありません。
でもまあセクゾ好きだし全然行ってもいいかなあと話していた頃に、また別の友人がポロっとこぼしたのです。

セクゾさんかキンプリさんのコンサートに行ってみたい」

この友人、何を隠そうこのブログにも度々登場する、お前はいまいくつだねと聞きたくなるような多岐に渡る二次元ジャンルにも精通し、V系から地下界隈を経て今現在声豚と地獄の夢女を兼業している、通ってないジャンルはジャニーズと宝塚と帝劇くらい!という増田俊樹さんのオタクである。

 Q.この時あなたならどうしますか?
 A.連れて行く(真顔)

そんなこんなでJr.担の友人に相談したところ、ありがたくも「連れて行ってあげて!!」と快諾。この世はタイミングと運が全て!と私は増田俊樹さんのオタクの表情を伺いつつ言ったのです。

「友達がセクゾのチケット譲ってくれそうだけど、私の名義だし一緒に行ってみる?」

と。

結果、こう。

中島健人くんに狂ったオタクが爆誕した。

このオタク、何が怖いってコンサート開始1時間で「は?ファンクラブ入るわ」って言ってるんですよ。CDとかDVDとか全部すっとばしてまずFC。オタク慣れしすぎててこえーよ。
ちなみにコンサート後に今回のツアーのアルバムとベストアルバムを購入していました。

中島健人くんに狂ったオタク「チケット代が7000円でうちわが600円でペンライトが1600円・・・?私が普段行ってるイベント、チケ代9800円のうちわ1000円のペンライト3000円なんですけど??」
奇遇ですねぇ、私もです。

私が「世界中のかわいいをあつめたらふうまくんになる!」と言っている間、彼女は隣で中島健人くんRejetやんけ!!見たことある!!」「え、健人くんさん王子様すぎない・・・?は・・・?」と大興奮していました。類は友を呼ぶんだ。知ってた。

そんな彼女はコンサートから3日でFC入会とCD購入に加え、ジャニーズwebの登録と片目誌の購入まで果たしました。見ているこっちまで楽しい。

次のツアーも一緒に行こうな!!

 

 

結局今回私は何が言いたいかっていうと、この世のオタク、今のSexy Zoneの目撃者にならないと絶対に損する。

たった一回のコンサート。たったの2時間半でファンでもなかった人間にここまでの多幸感を提供してくれるアイドルって本当にすごい。

身内各位は声を掛けてもらえれば私が円盤と共に馳せ参じます。絶対に今回のツアーの円盤は絶対に買う。(絶対って言い過ぎるタイプのオタク)

色々漁った結果ふまけんが刺さって抜けなくて困っているのですが、どうあがいても担当は変わらないので、●年前とまったく変わらず戸塚祥太くん担当の菊池風磨くん推しとしての自意識が生まれました。

お陰で毎日がたのしいです!はーー最高のスタートで令和始まっちゃったな!!

セクシーサンキュー!

 

もともと声豚ブログだったはずの弊ブログ、なんだかどんどんカオスになってきてしまいました。どうしてこうなった・・・?
しかもこれだけ頭が盛り上がっていますが、今週末はフォスライです。そして月末は担当くんの舞台と推しさん主演アニメのイベントです。元気か。

そんなわけでおそらく次の更新はフォスライ感想文になる予定、です。
GW中にオタクとしてずーっと憧れている人と再会してお話してきたので、ぼちぼちその時のことも書いていきたいなあと思っています。書きかけの記事ばっかり増やすんじゃないよ本当に・・・。

↓何かございましたらこちらまで。

お題箱

*1:ここぞとばかりに誇張し始めるオタク

*2:Rejetじゃないけどデスノート好き?って口から出てた

*3:花より男子には1mmも関係がない

*4:このオタク、数日後にJr.情報局に入ることになることを、この時はまだ知らないのである。

最近

推しさんのナレ仕事が急にドカッと増えました。

去年の今頃もたしか同じようなことを考えてたな〜〜とか思いつつ、今回もつらつら思考整理回です。

 

私は推しさんのナレーション、結構好きなんですよね。

整然としたお声だし、発声の種類によってはたまに聞き取りづらい音もあるけれど、基本的には耳馴染みのよい音をしていると思います。

個人的にずっとやってほしかった国営放送でのナレ仕事や、ニュース、バラエティ番組でのナレーター。

なんというかオタクではない一般層の人の耳に触れる機会が増えたんだなと思うと、なかなか興奮するものがあります。

 

でも、それと同時になんとなく漠然と不安にもなってる。

それってなんでかなあと数日ぼんやりと考えていたのですが、たぶん、推しさんのお芝居とか演技も好きだからなのかなって。

推しさんの進みたい方向がどこなのか分からないし知る由もないけど、私が見たいのはナレ仕事だけではないんだなあという自意識を得た。

 

AJで久しぶりに推しさんをお見かけしたけれど、なんだか痩せた気がしました。普段見てるのが某ラジオのツイだけだからかもしれないけども。

なんだかんだ感情が揺れるのは推しさん関連だから今年もまったり細く長くやっていこうと思います。