たとえばなし

偶像を愛してたい

騒がしきこの日々よ

みなさん、美男高校地球防衛部LOVE!という作品は好きですか?

私は好きでした。
すごく大好きで、大切な作品でした。

そんな作品のファイナルイベントが、来年2018年の2月に開催されるそうです。

まあ推し出ないんですけど。

 

 

2017年8月26日。
美男高校地球防衛部LOVE! LOVE! LOVE!」が劇場にて公開されました。

 

劇場版OVAを見終えた時に私が抱いた感想は、美男高校地球防衛部LOVE! LOVE! LOVE!」は紛れもなくシリーズ完結編であり、3年生のキャラクターたちだけではなく、美男高校地球防衛部シリーズファンの卒業式でもあったということでした。

エンドロールで死ぬほど泣いて立ち上がれなかったオタク何人いる??っていまだに思う。みんな仲良くしよ。つまりファイナルイベントに推しが出ようが出なかろうが、もうこっちの中では終わってるってんな訳あるか!!

シリーズ完結編。愛と青春の卒業。

そんなふざけたような、あるいは大真面目な副題のついた劇場版OVAは、ふざけるところはとことんふざけ、ゆるめるところはゆるめるけれど、締めるところはきちんと締める。そんな防衛部らしい作品でした。

なのに最後がこれかよ~~~!!って思っても許されません?許されないかなあ。端的に申し上げますと、たぶん私は怒っているぞ!

 

というわけで、読む人を選ぶ記事です。いつもだけど。防衛部が好きな人は読まないほうがいいかもしれないですえへへ。

 

 

 

防衛部はとても不思議なコンテンツで、オリジナルアニメであるが故に、時を重ねるにつれ、半リアルコンテンツであるような錯覚をさせる作品でした。
実際に運営側がそういう効果を最初から狙っていたのかは分からないけれど。

今でこそ様々な作品、ラジオ、イベントに引っ張りだこの地球防衛部の面々だけれども、アニメ制作発表時に私が名前を知っていたのは、箱根有基役の山本和臣さんと蔵王立役の増田俊樹さんだけ。そんなほぼ名の知られていなかった若手声優たちを、アイドル作品でもないのにハナから歌って踊らせていたこの作品は、今思えば歪んだ声優業の代表作と言っても過言ではないのかもしれない。

アニメ放送当初はポカン、としていたら30分があっという間に終わっていて。「今私は何をみたんだ……?」なんて思ったりして。
正直話の中身なんてないし、わかりやすくイケメン!みたいなキャラデザな訳じゃない男子高校生五人組が、魔法少女モノよろしくキラキラ衣装に変身して意味のわからない怪人と戦う。どう考えてもイロモノアニメでしかなかった。

このコンテンツ大丈夫かな……なんて思いながら行った初イベント、狭いステージの上で歌って踊る若手男性声優五人組。

今思えばその状況こそ「男子高校生がキラキラな衣装で怪人と戦う」っていうシチュエーションと重なってたのかもしれないなあ。

そしてそんな中でも、事あるごとにキャスト陣が言ってた「この五人でいろんな事に頑張って挑戦していきたい」っていう言葉が、オタク心をくすぐったんだろうな。

次々ぶち込まれるキャストイベント、増え続けるCD、円盤、それでもよかったんです。

多分あの時に防衛部を追い掛けてたオタクの総意は、このコンテンツをクソアニメっていう認識で終わらせたくないっていうひとつの意地だったんだと思う。

だって、最終回前にキャストが「終わりたくないなあ」って泣くようなアニメ、私は知らなかったから。

もっと五人でやりたいことがある、この五人でずっとやれたらいいのに、って、こんなイロモノコンテンツに一番愛を注いでくれたのは、紛れもなくキャスト陣だったから。

すごくないですか。"声優"としてなのかどうかもわからない仕事を全うした五人も。

「終わりたくない」って泣いちゃう山本さんも。

「また五人で」っていう言葉を、最終回放送時にはもう実現しようと動き出してくれていた増田さん*1も。

ずっと思ってました。

こんなにファンと、キャストと、スタッフが同じ方向を向いてるコンテンツ他にあるかなって。

私は、防衛部が初めてでした。だから大好きだったし、もっともっとって思ったし、色んな景色を見せてほしいと思ってました。

そう、でも、もう過去形なんです。もう一年くらい前から。
二期が始まる前から背後に忍び寄っていた疑念や諦念は、もう防衛部というコンテンツを丸ごと愛していた私を飲み込んだあとなんです。
前はバト生やるよ!と言われれば久しぶり!うれしい!って思えていたのに、いつからかまたやるのかあ、くらいにしか思えなくなって。キャストイベントやるよ!と言われても徴収きたなあとしか思えなくなって。

コンテンツに"飽きた"のだと言われたら、それまでだと思います。
推しさんのお仕事は防衛部だけではないし、それ以外にもだいすきで大切なコンテンツはあります。

でも本当は、そんなふうに思いたくなかった。ずっと好きでいたかったです。

でももう無理だよ~~!!!!!!!!!

二期制作発表からしばらく音沙汰のないまま制作会社変わりました!って言われて、5人での出演イベントがあればプロデューサーがオタクの見えるところでそれを批判して。

ごまかしごまかしニコ生だけぶち込まれて、そこで見せられるのもただの馴れ合いになってしまったやりとりで。

オタクって、そういうのに敏感だよって思う。だってオタクだもん。それまでずっと見てきたぶん、変化には敏感にならざるを得ない。しかもそれがマイナスな変化なら尚更。

ニコ生のアットホームな空気は好きだったけど、アットホームであることと気が抜け切っているのは別だし。制作が変わるのだってオタクには関係ないかもしれないけど、タイミング的にどう考えたって揉めたのが目に見えてるんだもん。

 

で、最後の仕打ちがこれです。

ファイナルイベントやります円盤買ってねでもキャストは全員揃いません!

さすがにちょっと、心が折れました。

仕方ないことだとも思います。他のメンバーの予定を見ても、急遽イベントを打つことを決めたのは明らかで。そんな中どうしても推しさんの都合だけがつかなかった、それだけの話。

もしかしたらまだ調整中かもしれないし、もしかしたら最後の最後にサプライズゲストです!って登壇するかもしれない。でも、もしそれが叶ったとしても私は喜べないので、イベントには行かないことを決めました。

 

最後まで、コンテンツを好きでいたかった。

演者にも、コンテンツを愛してほしかった。*2

制作側にも、コンテンツを愛してほしかったです。 

 

こんなのはオタクの思い込みで、決めつけで、思い上がりだっていうのもわかってるけど。

私の中で美男高校地球防衛部LOVE!というコンテンツは、劇場版OVAをもって死にました。

 

防衛部を好きなれて、毎日すごく楽しかったです。後悔はしてません。何枚も同じCDを買って、何回も同じイベントに行ったのも防衛部が初めてでした。推しさんに出会えたのも防衛部のおかげです。

でも、どこで間違えたのかなあってぼんやり思う。もっと大事にできたらよかったなあとも思います。見落としたものはいくつあったかなあ。

 

年末にこんな記事ですみません。でも年越したらだめなやつだなって!おもって!

気づいたら推しさんを好きになって3年とか経ってて、それの総括とかも書きかけの記事があるんですけど、まあそのうち書けたら書きます。

色々言うけど推しさんの声と、演技と、歌が好きです。これ書いてる間にサドライも欠席公演決まっててもうなんだかなあ!!

 

 

【2018.01.01 追記】

せめてfinalが終わってから発表してほしかったなあ!

悲しいとか悔しいとか寂しいとか怒ってるとかそういうのすらもうないけど、あまりに惨くないですかね。過去に縋ってるオタクはもういらないってことですね。

あんなに楽しかった三年前を、こんな風に思い出したくなかった〜〜はあああ

 

 

*1:「お前と芝居したいんじゃ!」act.0参照

*2:ここでいうコンテンツは制作側消費者側全てをひっくるめたものを指してます。キャストが防衛部を嫌いになったとかは思ってません