たとえばなし

偶像と結果論

いつか夢の続きで会えますように

夢が叶う瞬間なんて、人生でそんなに何度もない。

でも私はオタクだから、他人に自分の夢を乗せながら生きている。

 

2019年8月9日、10日。また一つ、夢を叶えてもらった。

あのステージに立っていたのは紛れもなく私の好きな人で、初めてこの目で見るスポットライト越しの姿は、キラキラとした光が乱反射しているみたいだった。

そこにいる、息づいている、歌っている、目が合った。そんな馬鹿げたことを考えながら、頭の中で何度も「嘘だ、嘘だ」と繰り返し思った。

こんな世界を、私は知らない。まるで人気コンテンツのように振る舞う姿を、私は知らない。

好きな人が「そこ」に「いる」世界を、私は知らなかった。

壊れたみたいに泣きながら、好きになってからの日々が走馬灯のように流れた。

 

最初の夢は、ユニット曲だった。

やっぱり性癖としてソロのアイドルより、グループの方が好きだったから。

ユニット曲ができて少し経った頃、ダンサーさんたちが本人たちに扮して踊ってくれた。すごい、と思うと同時に、公式は舞台をやりたいんだろうなと思った。私は舞台を見に行ったことは未だにない。シンプルに2.5が苦手だから。

その次に叶った夢は、アニメだった。

このアニメを見たとき、これ以上なんてないと思った。夢を全部叶えてもらったと思った。

そんな中、後続のユニットや他のコンテンツが色々と進んでいくにつれて出てきたのが、「ヴァーチャルライブが見たい」という感情だった。

でもそれは夢と呼ぶにはあまりにも現実味を帯びていなくて、どうせ手に入らないおもちゃを指差して「いいなぁ、あれほしい!」と冗談混じりに言って母親の顔色を伺うような、そんな我儘みたいなものだった。

だから3月のAJで告知を聞いたとき、私は会場内の他のブースに居たにも関わらず、声を上げて泣いた。

うれしかった。嘘みたいだった。そんなまさか、と現実すらも疑った。

それから四ヶ月半が経ったいま、私はこの文章を打っている。

 

 

グッズを買うとか、会場に入るとか。何か一つアクションを起こすたびに泣いて、いつもの現場よりも念入りにしたはずのメイクはすぐになくなった。

公演中は本当にダメで、初回は最初から最後までずっと泣いてた。要所要所で急に泣き崩れるから、後ろや隣にいたお姉さんたちには申し訳ないことをしたと思っています!

スポットライトの中で歌う姿も、少し微笑みながらアイドル然とした振りを踊る姿も、私は初めてこの目で見たんだ。本当に、初めてだったから。

「夢みたいな世界だ」って、冗談抜きで思った。たぶん生まれて初めて、「生きててよかった」とすら思った。

うれしかったなあ。好きな人に会えて、うれしかった。「君の夢を叶えたいから」と歌ってくれるアイドルたちが、愛おしくて誇らしかった。

人に胸を張れるようなことなんてそんなにないけど、出会ってから六年間、変わらずに好きで居続けたことだけは胸を張りたい。私の好きになったアイドルたちは、こんなにも格好良く輝いてるんだよって世界中に自慢したかった。

 

 

終わりは、いつだって怖い。

「いつかこの声が」と歌われるたび、何度だって悲しくて泣いてしまう。

でも、それでも、世界でいちばん好きな人に会えた今日の日を、絶対に忘れたくない。

だから、夢の続きで会おうね。

 

f:id:x1026:20190811005142j:image

 

 

夏だ〜〜!!

夏が来たぞ〜〜!!!!!!!!

 

というわけでご無沙汰しております、私です。

みなさんオタクしてますか!夏だね!現場だね!もう日差しが強すぎて●年ぶりにキャップを買いました!オタク、熱中症には気をつけような!!

職業柄、例年は夏の現場を蹴りがちだったのですが、暦通りの職種に転職したので学生時代ぶりに現場現場現場!の!夏!です!

ただし、そのうちの9割が幕張なのでたぶんしぬ。

まーーじで暑すぎてもう今年の夏はギャルに出戻るしかねえな〜〜!って感じで生きてるので、幕張にトンチキなギャルがいたら私です。仲良くしてな!

AGF付近もポロポロ発表されてますね〜〜推しさん忙しいのかなどうかな?!って感じなんですけど、毎年AGFは物販>越えられない壁>ステージなのでまあまあまあ。ね!

12月の某イベはどう考えてもキャパが足りてないので発表されてからずーーーっと胃が痛いでーす!!キャストアンチに渡すチケットはないので、文句を言うキャラオタクはまじで今回ご遠慮いただきたいナ〜〜!!(ウインク)(ファンサ)

 

そういえば推しさんが某ゲームに出演するらしいのですが、そのPVで推しさんの声が分からなすぎてちょっと病みました!わらう!

これの34秒から見てほしいんですけど、まじで未だに推しさんに聞こえなくて無理無理の無理〜〜!!!!これ推しさんに聞こえる人がいたら教えてほしい。ほんとむり。むり〜〜!!

これニコ生もあったんですけど、そっちで流れてた音声は全然推しさんだったんですよね……。まじでコナンくんかよ…ヘリウムでも吸った?ねえ??

今年でめでたく推しさんを推し始めて5周年とかになるんですけど、とうとう推しの声も分かんなくなるくらい日和ったか〜〜!オッケー!寝よ!(?)

 

令和元年うっかりジャニオタにもしっかり出戻ってしまったので、完全に若手声優とジャニーズの二足のわらじで愉快なオタクライフを送ってます!テンプレオタクすぎてオモロ〜〜!!

そこで気づいたんですけど、やっぱり私ってエンタメをレトルト感覚で消費するのすんごい下手くそだな〜〜!!

まあ〜〜〜〜全部が全部150%の熱量を注ぎ続けるなんてもう出来ないから、出来ることを可能な限りで、という感じではあるんですけど。

レトルト感覚でエンタメを消費して、自分の思い通りにならなかったらお客様は神様だろって都合よく逆上するオタクにはなりたくないよね〜〜!

 

 

最近個人的にくそくそ理不尽な胸糞案件があってはあ〜〜今のご時世それが通じるとでも〜〜!?ってブチギレ倒してたんで、夏はまあまあ愉快に楽しく過ごそうな〜〜って感じです!

とりあえず推しさんの声が聞き取れた人は早急に私に教えてください!それ以外もなにかございましたらお気軽に〜〜!!

お題箱

この女マシンガンみてえな文章しか書けないのか?みたいなツッコミもお待ちしています卍卍

彼はきっとスポットライトの下で死んでしまう〜舞台「BACKBEAT」に寄せて

その時私の目には、彼の白い肌が、真っ白なスポットライトの光を吸い込んでいるように見えた。

そしてその光が増幅し、まるで彼自身が、光を、放っているようにすら見えた。

 

 


www.backbeat-stage.jp

舞台「BACKBEAT」上演おめでとうございます。

初日に観劇してきたのですが、言語化しづらい感情ばかりが渦巻いて中々消化が出来ずにいます。ただ、この舞台が間違いなく戸塚祥太という人の代表作になるということだけは分かる。

約20曲の生のバンド演奏と、ビートルズ結成からデビューまでの光と闇が交錯するスピーディーな物語。

ジョン・レノン役の加藤和樹さんがご自身のTwitterでもお話されていたけれど、本当に「音楽をやってなかったらできない、でも音楽だけでもできない」そんな舞台だった。

 

 

 

「音楽」と「芝居」。それは私が知る限りで、戸塚祥太という人から切り離せないものだ。

コンサートのソロコーナーではいつもギターを弾き、「上手くないけど好きだからやりたい」と話す。現にギターを弾いている彼は、いつも少年のような顔をしている。

私は、ギターを抱えて青く澄んだ声で歌う彼の姿が、ずっと好きだった。

 

芝居について言えば。

デビューして間もない頃、メンバーそれぞれが歌担当、ダンス担当と自己紹介していく中、彼だけが、「特に何もやっていません!」と話したことがあった。けれど数週間後の違う番組では、「作詞、芝居、何でもやります!」と言っていたのを今でもよく覚えている。

思えばこの頃から銀幕への憧れをよく口にしていたし、今やグループ内で演技班という立ち位置に落ち着いたのは、きっと彼の根気強さとか、そういうもののお陰だろう。

 

だからきっと、この舞台はある一つの集大成みたいなものだ、と思う。

ずっと好きだと公言してきたビートルズを題材にした舞台で座長を務めること。盟友である辰巳雄大さんと共演すること。

加藤和樹さんというジョン・レノンと出会ったこと。最高のビートルズと過ごすこと。スチュアート・サトクリフとして、生きること。

その全てが、彼の人生にとっての財産になればいいと思う。

 

劇中の彼はとても生き生きとしていて、贔屓目はあれど「ハマり役だ」と思わざるを得なかった。

尊敬する友人と共に歩む歓びや、愛する人と人生を分かち合う歓び。音楽が持つ魔力的な快楽と、自らを表現し爆発させるための芸術の快感。恍惚、葛藤、悶絶。

そのどれを取っても、『俳優 戸塚祥太』の頬にひたりと手を添えたようなリアルさがあった。

ただ、その確かな感触は彼一人のものではなく、あの舞台の上に立つ役者全員の輪郭だった。深い闇と、鮮やかに赤い閃光。

私は確かにあの夜、東京芸術劇場に息衝いた五人のビートルズの熱に触れたのだ。

 

 

私は、戸塚くんがスポットライトを浴びながら、まぶしそうに、うれしそうに、いとおしそうに客席を見上げる姿が好きだ。きらきらと繊細に煌めきを反射させる姿が好きだ。

その笑顔が、横顔が、後ろ姿が、この世のものとは思えないくらいに綺麗だから。

BACKBEAT」の第一幕は、戸塚くん演じるスチュアート・サトクリフが絵を描いているシーンで始まる。舞台上には彼一人が立っていて、大きなキャンバスに向かっているシーンだ。台詞らしい台詞はなく、ただ彼の息遣いだけが、劇場にひっそりと響いていた。

その時私の目には、彼の白い肌が、真っ白なスポットライトの光を吸い込んでいるように見えた。そしてその光が増幅し、まるで彼自身が、光を、放っているようにすら見えた。 

 

—彼はきっと、スポットライトの下で死ぬのだ。 

 

そう、唐突に思った。ステージが彼に恋をしなくても、彼はステージに恋い焦がれ、きっとその身を自らの火で焼いてしまう。

彼は以前担当していたダ・ヴィンチの連載の中で、「歌い、踊り、演じることに全てをかける」という言葉を残している。その言葉の意味を、私はこの瞬間に初めて理解したのかもしれない。

命が削れていく瞬間を、まるでコマ送りで見ているようだった。

そう思うほど、あの瞬間の彼は儚くて、美しかった。

 

 

僅かに赤い興奮を孕んだ熱気と、鳴り止まない拍手、スタンディングオベーション

ビー・バップ・ア・ルーラ!

3回目のカーテンコール、楽しげに肩を組んだ加藤さんから促されて彼が叫んだこの言葉を、私はきっと忘れない。たった一言だったけれど、それだけで十分すぎるほどに全てが詰まっていた。

ジョンとスチュが舞台の奥へと消えて客電が上がり、ほんの少し泣いた。

網膜に焼き付いた戸塚くんの笑顔は、とても綺麗だった。